体系現代会計学第6巻財務報告のフロンティア

  • 書籍品切れ中

広瀬 義州 責任編集
藤井 秀樹 責任編集
定価:4,840円(税込)

発行日:2012/09/14
A5判 / 426頁
ISBN:978-4-502-45260-4

ただいま品切れ中です

入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

  • ただいま品切れ中です

    入荷をお待ちの方は、
    お気に入りリストへご登録ください

本の紹介
会計報告に偏重している日本の制度的財務報告に対し、英米の財務報告は企業価値を決定するさまざまな情報を提供している。多様な角度から新しい財務報告問題を論じる。

著者紹介

広瀬 義州(ひろせ よしくに)
1949年生まれ
早稲田大学大学院商学研究科博士課程後期修了
早稲田大学教授
商学博士

[主な著書]
『会計基準論』(中央経済社,1995年)
『ビジネスアカウンティング』(東洋経済新報社,2004年)
『知的財産会計』(税務経理協会,2006年)
『財務報告の変革』(編著,中央経済社,2011年)
『財務会計(第11版)』(中央経済社,2012年)
『財務報告のフロンティア』(共編著,中央経済社,2012年)
『会計学スタンダード』(中央経済社,2012年)他

藤井 秀樹(ふじい ひでき)
1956年生まれ
京都大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学
京都大学大学院経済学究科教授
京都大学博士(経済学)

[主な著書]
『現代企業会計論』(森山書店,1997年)
『制度変化の会計学』(中央経済社,2007年)
『財務報告のフロンティア』(共編著,中央経済社,2012年)他

[主要論文]
「会計制度形成の現代的特徴と展開方向―改訂概念フレームワーク草案における『忠実な表現』に寄せて」『経済論叢』第184巻第3号(2010年)
「資金会計と複式簿記」『日本簿記学会年報』第26号(2011年)
「FASB/IASB改訂概念フレームワークと資産負債アプローチ」『国民経済雑誌』第204巻第1号(2011年)他

担当編集者コメント
 財務報告は急激に変化していて、着地点がまだ見えません。ただ、本書はその方向性を示していることは確かだと思います。
著者から
 財務報告とは、企業がその経済活動および経済事象を財務諸表その他のメッセージを用いて表現し、これをステークホルダーに報告する行為である。
 日本の場合、従来、会計の目的が処分可能利益計算にあったために、利益計算に触れるために制度に取り込めないものは無視する風潮があった。
 しかし、英米では会計の目的が情報提供にあるために、財務報告が重視されてきた。財務報告を会計の最終章であると位置づけ、貨幣額で測定できる情報であると測定できない情報であると問わず、企業価値決定因子となる情報などをどのようにステークホルダーなどに見せればよいのかといった研究も盛んである。
 本書では後者の立場から自由な意見を発信している。