体系現代会計学第10巻業績管理会計

谷 武幸 責任編集
小林 啓孝 責任編集
小倉 昇 責任編集
定価:3,960円(税込)

発行日:2010/10/13
A5判 / 428頁
ISBN:978-4-502-23540-5

送料について
本の紹介
会計学の研究成果を集大成したシリーズの第10巻。PDCAサイクルに焦点を当て、戦略実施のマネジメント・コントロールを業績管理の視点から体系化し、枠組みから利益・原価管理、組織のタイプ別業績管理まで検討。

著者紹介

谷 武幸(たに たけゆき)
[プロフィール]
1944年生まれ
神戸大学大学院経営学研究科修士課程修了
神戸大学名誉教授 博士(経営学)

[主な著作]
『事業部業績管理会計の基礎』(国元書房,1983年)
『アメーバ経営が会社を変える』(共著,ダイヤモンド社,1999年)
『成功する管理会計システム―その導入と進化』(編著,中央経済社,2004年)
『エッセンシャル管理会計』(中央経済社,2009年)
『1からの会計』(共編著,碩学舎,2009年)他
『業績管理会計』(共編著,中央経済社,2010年)他

小林 啓孝(こばやし よしたか)
[プロフィール]
1947年生まれ
一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学
早稲田大学大学院会計研究科教授
博士(商学)

[主な著作]
「企業価値評価をめぐる構造」『産業経理』第68巻第3号(2008年)
「合理的選択と業績指標」『会計・監査ジャーナル』第21巻第11号(2009年)他

『リスク・リターンの経営手法』(共編著,中央経済社,2006年)
『エキサイティング管理会計』(中央経済社,2008年)
『業績管理会計』(共編著,中央経済社,2010年)他

小倉 昇(おぐら のぼる)
[プロフィール]
1953年生まれ
神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得退学
青山学院大学会計プロフェッション研究科教授

[主な著作]
「戦略コミュニケーションのための管理会計システムの設計について」『會計』第170巻第4号(2006年)
「M&Aと提携が財務業績に及ぼす影響」『管理会計学』第15巻第2号(2007年)他

『スタンダードテキスト管理会計論』(共編著,中央経済社,2008年)
『業績管理会計』(共編著,中央経済社,2010年)他

担当編集者コメント
 編者・執筆者のご協力で全12巻のシリーズ中、最初に刊行することができました。
 参考文献のチェックを丁寧に行ったため、資料的価値も高いと思います。
著者から
 本巻では、戦略管理会計と日本的管理会計システムの2つを除いて、管理会計における最新の研究と研究蓄積を体系的にとりまとめることを意図している。これは、全体像を考えながら、管理会計研究の更なる発展を促す役割を持っている。しかしそれと同時に、本巻は、若手研究者が全体像を知った上で、管理会計の多様なトピックスの中から、テーマを選択したり、参考文献を検索したりするのに役立つことを意識して編集した。