環境経営イノベーション/7中小企業の環境経営イノベーション

植田 和弘 責任編集
國部 克彦 責任編集
在間 敬子
定価:4,180円(税込)

発行日:2016/01/15
A5判 / 312頁
ISBN:978-4-502-16041-7

送料について
本の紹介
中小企業が環境経営を推進する条件、中小企業の環境経営が普及する条件は何か。行政は中小企業をどのように支援すればよいのか、ということを丹念な調査で明らかにする。

目次


環境経営イノベーション7
中小企業の環境経営イノベーション

目次

 「環境経営イノベーション」シリーズの発刊に寄せて
 はしがき

第1章 環境問題解決へのアプローチとしての環境経営
 1 環境問題解決への環境マネジメントの視点
  ⑴ 環境問題の本質と環境マネジメント ……ほか
 2 環境マネジメントと持続可能性
  ⑴ 環境マネジメントにおけるバランスと時間軸 ……ほか
 3 環境経営の定義
  ⑴ 環境経営のいくつかの定義と含まれる要素 ……ほか
 4 環境経営に関する3つのイノベーション
  ⑴ イノベーションとは ……ほか
 5 中小企業に求められる環境経営イノベーション

第2章 企業経営としての環境経営
 1 環境活動の領域
  ⑴ 環境活動の3つの次元 ……ほか
 2 環境活動の決定要因と経営者の役割
  ⑴ 環境活動を決定する5つの要因 ……ほか
 3 環境経営の戦略
  ⑴ 環境経営を方向づける戦略フレームワーク ……ほか
 4 ステイクホルダーとの関係と環境活動
  ⑴ 企業とステイクホルダー ……ほか
 5 企業の存在意義の変化と環境経営の意義
  ⑴ 企業の存在意義の変化 ……ほか
 6 働く誇りを共有する中小企業の環境経営

第3章 組織マネジメントとしての環境経営
 1 環境経営を実践する組織マネジメントの条件
  ⑴ 環境経営という経営スタイル ……ほか
 2 環境に取り組む組織のマネジメント手法
    ―環境マネジメントシステム
  ⑴ 環境マネジメントシステムとは ……ほか
 3 環境経営における環境会計の役割
  ⑴ 環境価値の把握とアカウンタビリティ ……ほか
 4 組織や製品の環境影響の評価と環境経営指標
  ⑴ 組織の環境影響評価とマテリアル・バランス ……ほか
 5 環境経営の戦略策定のための手法
  ⑴ AUDIO分析 ……ほか
 6 経営改善に活用する中小企業の環境経営

第4章 大企業の環境経営におけるイノベーション
 1 初期の環境経営イノベーションの特徴
  ⑴ 環境政策とステイクホルダーの変化と日経環境経営度調査
   ……ほか
 2 環境経営の戦略のイノベーション
  ⑴ 規制先取りから経営の中枢へ ……ほか
 3 環境に取り組む組織体制のイノベーション
  ⑴ 環境部門の経営への関与 ……ほか
 4 組織メンバーへの浸透のイノベーション
  ⑴ 環境活動を促進する業績評価と組織文化 ……ほか
 5 環境経営実践手法採用のイノベーション
  ⑴ 環境活動の範囲の拡大に関する手法の採用 ……ほか
 6 中小企業への環境配慮の波及要因

第5章 中小企業の環境経営イノベーションに関する分析課題
 1 これまでの章のまとめ
  ⑴ 環境問題解決のアプローチとしての環境経営 ……ほか
 2 中小企業の環境経営イノベーションの分析課題
  ⑴ 企業経営としてのイノベーションに関する分析課題 ……ほか
 3 日本の中小企業の環境経営に関する実態調査の動向
 4 中小企業の環境経営に関する学術研究の動向
  ⑴ 環境経営の活動と戦略タイプ ……ほか
 5 分析課題と既存研究に対する著者の研究の特徴

第6章 中小企業への環境配慮要求と環境経営イノベーション
 1 本章の目的とアンケート調査の目的
 2 アンケート調査の方法
  ⑴ 調査対象 ……ほか
 3 中小企業への環境配慮要求
  ⑴ 環境配慮要求の項目 ……ほか
 4 環境配慮要求による環境活動への影響
  ⑴ 環境活動の評価指標 ……ほか
 5 環境配慮要求への対応から組織能力向上へ―S社のケース
  ⑴ S社のケース ……ほか
 6 環境マネジメントシステム認証取得と環境経営イノベーション
  ⑴ S社の環境経営イノベーション ……ほか

第7章 中小企業の環境経営推進の条件と
     環境経営イノベーション

 1 本章の目的と統計分析の目的
 2 中小企業の環境経営に関する情報利用と求める情報支援
  ⑴ 環境配慮要求と情報支援の利用 ……ほか
 3 経営者意識と不足する経営資源
  ⑴ 環境経営に対する認識 ……ほか
 4 環境性と経済性
  ⑴ 環境性の指標 ……ほか
 5 中小企業の環境経営推進の条件―分析モデルと仮説
  ⑴ 分析に用いる変数 ……ほか
 6 中小企業の環境経営推進の条件―分析結果
  ⑴ 分析モデルにおける外生変数の相関係数 ……ほか
 7 環境経営の情報的経営資源と環境経営イノベーション
  ⑴ 環境経営推進の条件と情報的経営資源の獲得という
     イノベーション ……ほか

第8章 中小企業の環境経営イノベーションに対する支援
      ―環境コミュニケーションの役割

 1 環境コミュニケーションの定義と本章の目的
 2 中小企業の環境経営に関する環境コミュニケーションの場
  ⑴ 環境法規制に関する専門家によるアドバイスの提供 ……ほか
 3 中小企業の環境経営のイノベーション普及
    ―エージェントベースモデリングの方法
  ⑴ シミュレーション分析に必要な要素と
     エージェントベースモデリング ……ほか
 4 中小企業の環境経営のイノベーション普及
    ―シミュレーション分析結果
  ⑴ 基本モデルの妥当性 ……ほか
 5 環境コミュニケーションによる支援の効果
    ―シミュレーション分析から
  ⑴ 応用モデル設定 ……ほか
 6 中小企業の多様性と環境経営への支援策の課題
  ⑴ 中小企業のタイプの課題 ……ほか

第9章 中小企業の環境ビジネス・イノベーション
      ―成功する企業特性と情報支援の効果

 1 本章の目的と分析課題
 2 企業価値創出支援制度の目的と支援内容
 3 調査方法と調査対象企業の環境ビジネス・イノベーション
 4 環境ビジネス・イノベーションに取り組む企業の特性
  ⑴ 中小企業のイノベーション能力 ……ほか
 5 成功する企業の特徴と情報支援の効果
  ⑴ 認定事業と情報支援の効果 ……ほか
 6 オープン・イノベーションの可能性
  ⑴ 分析課題に対する結果のまとめ ……ほか

第10章 中小企業の環境経営イノベーション普及に向けて
 1 各章のまとめ
  ⑴ 環境経営と環境経営イノベーション:第1章~第4章のまとめ  
   ……ほか
 2 中小企業の環境経営に関する既存研究への新たな知見
  ⑴ 日本の中小企業の環境経営に関する実態調査への貢献
    ……ほか
 3 分析結果に関する留意事項
 4 今後の研究課題

 参考文献

 索  引




著者プロフィール 在間 敬子(ざいま けいこ)
大阪大学理学部卒業後,東レ株式会社開発研究所で高分子材料研究に携わる。
環境問題への関心から市民活動に参加したことがきっかけで,環境情報の提供に関する問題意識が芽生え,研究を志して大学院に進学。
2001年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。
専修大学商学部講師,同助教授等を経て,
現在,京都産業大学経営学部教授。博士(経済学)。
近著に,“Green Management: Environmental-Financial Performance Nexus and Dimensions of Innovation” 企業と社会フォーラム編『持続可能性と戦略』 pp. 118-135, 千倉書房,2015年 等がある。




















著者紹介

植田 和弘(うえた かずひろ)

國部 克彦(こくぶ かつひこ)
[プロフィール]
神戸大学大学院経営学研究科教授
大阪市立大学助教授、神戸大学助教授を経て、2001年より現職。大阪市立大学博士(経営学)。主著に、『創発型責任経営』(日本経済新聞出版社、2019年)、『アカウンタビリティから経営倫理へ』(有斐閣、2018年)、『CSRの基礎』(中央経済社、2017年)など多数。

在間 敬子(ざいま けいこ)