環境経営イノベーション/2環境経営の経済分析

植田 和弘 責任編集
國部 克彦 責任編集
馬奈木 俊介
定価:3,080円(税込)

発行日:2010/10/26
A5判 / 244頁
ISBN:978-4-502-68040-3

送料について
本の紹介
地球温暖化問題とエネルギー問題を企業にとって最重要の環境問題とし、これらへの対処方法とともに、さらには競争優位を高めるための方法を定量化された経済学的分析により実証的に示唆。

著者紹介

植田 和弘(うえた かずひろ)

國部 克彦(こくぶ かつひこ)
[プロフィール]
神戸大学大学院経営学研究科教授
大阪市立大学助教授、神戸大学助教授を経て、2001年より現職。大阪市立大学博士(経営学)。主著に、『創発型責任経営』(日本経済新聞出版社、2019年)、『アカウンタビリティから経営倫理へ』(有斐閣、2018年)、『CSRの基礎』(中央経済社、2017年)など多数。

馬奈木 俊介(まなぎ しゅんすけ)
[プロフィール]
九州大学工学研究院教授・主幹教授・都市研究センター長
国連「新国富報告書」代表、多くの国連報告書の統括代表執筆者、 OECD(経済協力開発機構貿易・環境部会)副議長、2018年・世界環境資源経済学会共同議長などを歴任。世界各国の新国富指標など、持続可能性を評価する手法の開発を代表して行っている。
第16回日本学術振興会賞受賞。第25期日本学術会議会員

[主な著作]
書籍『ESG経営の実践』、『持続可能なまちづくり』、『新国富論』など多数。