伊藤 康の著書

著者

伊藤 康(いとう やすし)

略歴
1965年東京生まれ。 1989年一橋大学社会学部卒業。 1994年一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。一橋大学経済学部助手。 1995年千葉商科大学商経学部専任講師、助教授、教授を経て、現在、千葉商科大学人間社会学部教授。
主要論文
“Signaling effects of carbon tax in Sweden: an empirical analysis using a state space model”, in Market Based Instruments: National Experiences in Environmental Sustainability (Edward Elgar 2013), “The effects of carbon/energy taxes on R&D expenditure in Sweden”, in Carbon Pricing, Growth and the Environment (Edward Elgar 2012)など。

検索条件を入力して、「検索する」を押してください。

フリーワード
書籍名
検索条件をリセット

1冊の本が見つかりました。

サムネイル
表示非表示
並び順
件表示する
件表示する

環境政策とイノベーション―高度成長期日本の硫黄酸化物対策の事例研究

定価:4,400円(税込)
A5判/220頁
発行日:2016-01-26
ISBN:978-4-502-17011-9
  • 立ち読み
  • 目次
  • 関連書籍
件表示する
件表示する