利益率の持続性と平均回帰

大日方 隆
定価:4,840円(税込)

発行日:2013/03/12
A5判 / 352頁
ISBN:978-4-502-47580-1

送料について
本の紹介
企業の利益率は産業の平均水準に向けて回帰するのか? この実証の結果は、国際的な論争となっている「のれんの償却問題」に解答を与える。はたして、のれんは減価するのか?

著者紹介

大日方 隆(おびなた たかし)
[プロフィール]
1960年生まれ
東京大学大学院経済学研究科第2種博士課程修了 
東京大学大学院経済学研究科教授 博士(経済学)

[主な著作]
『企業会計の資本と利益』(森山書店,1994年)
『会計基準の基礎概念』(共著,中央経済社,2002年)
『詳解「討議資料・財務会計の概念フレームワーク」』(共著,中央経済社,初版2005年,第2版2007年)
『アドバンスト財務会計』(中央経済社,2007年)
『企業価値評価の実証分析』(共著,中央経済社,2010年)
『体系現代会計学第1巻 企業会計の基礎概念』(共著,中央経済社,2011年)
『金融危機と会計規制』(共著,中央経済社,2012年)
『会計基準研究の原点』(編著,中央経済社,2012年)等