定型業務を効率化する実践RPAガイドブック

芳野 剛史
定価:3,080円(税込)

発行日:2022/06/16
A5判 / 244頁
ISBN:978-4-502-43181-4

送料について
本の紹介
RPAによる業務効率化を実現するために必要な全工程を体系的に整理。RPA導入の意思決定、業務改善案の策定、RPAの構築、運用保守、継続的改善などのポイントを解説。

著者紹介

芳野 剛史(よしの つよし)

担当編集者コメント
この本では、RPAによる業務効率化の成功要因を、わかりやすく整理しています。
この本に書かれた内容を、実際にRPA導入に関わるリーダーおよびメンバー全員の共通認識とすることで、プロジェクトの成功確率を上げることができます。

オススメのポイントは、RPAによる業務効率化を実現するために必要な全行程を、ステップ1からステップ7にわたって体系的に詳述している点です。

また、第7章「RPAの活用例集」を読むと、実際に自社のどこにRPAを導入できるか、具体的なイメージをつかむことができます。

【第7章で取り上げている項目】
1.営業業務:(1)入札情報の収集業務 (2)営業日報の活用 (3)顧客データの同期 (4)スマホメールによる在庫確認 (5)Web情報からの営業リスト作成 (6)反社チェックのスクリーニング

2.販売業務:(1)ECサイトへの出品作業 (2)ECサイトの在庫更新 (3)小売店POSデータの収集 (4)受注情報の取得と自社システムへの登録 (5)注文と銀行振込の照合作業 (6)貿易用書類の英文翻訳 (7)ネットショッピングの自動更新 (8)納期回答書の通知(9)出荷状況の問い合わせ対応 (10)オークションサイトの監視

3.マーケティング:(1)セミナー参加者の顧客情報登録 (2)資料請求の顧客リスト作成 (3)グルメサイトのマネジメント

4.経理業務:(1)予算超過のアラートメール (2)月次の連結決算業務 (3)物件原価の集計

5.人事総務業務:(1)給与明細書の配布 (2)社員データの一括更新 (3)採用サイトと採用管理システムの連動 (4)通勤手当申請書の確認(5)勤怠情報の代理入力 (6)免許・資格更新のマネジメント (7)福利厚生の利用状況チェック (8)外国籍社員の資格管理

6.品質管理:(1)原材料の安全性確認 (2)OCRによる商品パッケージ表記の確認

7.情報システム:(1)ウイルス検知情報の連絡 (2)情報システムの一括セットアップ (3)システムへの入力不備チェック (4)業務効率化プロジェクトの進捗管理