『新型コロナウイルス影響下の人事労務対応Q&A』

特集

新型コロナウイルス感染拡大をきっかけとして、私たちの働き方が大きく変わろうとしています。そこで、第2回目の特集では、テレワークや在宅勤務等の新しい働き方を支え、ウィズコロナ時代を生き抜く「知恵」を収録した書籍・雑誌を紹介します。担当編集者に本の魅力や編集秘話を語ってもらいましたので、ぜひご覧ください。
この記事では、『新型コロナウイルス影響下の人事労務対応Q&A』(小鍛冶 広道 編集代表)について取り上げます。

Q1 本の内容を簡単にご紹介ください。

本書は、新型コロナウイルス感染症流行下において、企業の人事労務に係る諸問題への対応法を、①業務運営(業務指示等)、②休業、③人員調整・人件費削減、④労働者派遣・請負、⑤テレワーク、⑥労災・安全衛生・労働組合、⑦各種助成金・労働保険・社会保険、の7つの切り口で解説したものです。
詳細な目次はこちらをご覧ください。


Q2 この本を企画した理由を教えてください。

新型コロナウイルス影響下の人事労務対応Q&A・帯 「緊急事態宣言下に従業員を休ませた場合の手当は?」「テレワークを導入する方法は?」「在宅勤務社員の費用について、会社負担はどのように考えるのか?」「休業した場合、どのような助成金を受けることができるのか?」など、コロナ禍においての人事労務に係る課題は挙げきれないほどあります。
このような、企業の人事労務担当者様を悩ませている、これまでに経験したことがない事態における迅速な対応の一助になればと思い、企画するに至りました。


Q3 コロナ禍において、今どのような問題を感じていますか?

新しい働き方に対応した人事評価制度の見直しが必要になったと考えています。
ある上場企業の人事労務担当者によれば、「テレワークが急速に浸透した結果、今まで潜在化していた従業員間の成果格差が露呈した」とのことです。
終身雇用でない、転職が当たり前になった昨今において、社員間での不平等を感じさせない評価体制を築くことは、優秀な人材流出を防ぐために喫緊の課題になってくるのではないでしょうか。


Q4 この本を「今」どのような人に、あるいはどのような場面で読んでいただきたいですか?

新型コロナウイルス感染症に対応するための各種助成金に関する実務など、日々、情報が更新されています。
そのため、本書の内容も刊行当初に比べると、内容が一部古くなっている箇所があります。
一方で、本書の内容は、コロナ禍という有事における人事労務対応の「基本」になります。
そのため、すべての企業の人事労務担当者様に、まずはこの1冊を読んでいただき、最新情報については、厚生労働省などのホームページをご覧いただいて、アップデートしていただく、といった使い方をしていただければ幸いです。


Q5 装丁を考える際にイメージされていたことやこだわり等ありますか。

当初は次のようなデザイン案もありました。

  • 新型コロナウイルス影響下の人事労務対応Q&A-b
  • 新型コロナウイルス影響下の人事労務対応Q&A-c


新型コロナウイルス感染症という未曾有の危機に直面している一方で、落ち着いた対応をお願いしたいという意味を込めて、白・青を基調としたカバーにしました。