婚活戦略―商品化する男女と市場の力学

  • 書籍品切れ中

高橋 勅徳
定価:2,530円(税込)

発行日:2021/10/11
A5判 / 144頁
ISBN:978-4-502-40091-9

ただいま品切れ中です

入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

  • ただいま品切れ中です

    入荷をお待ちの方は、
    お気に入りリストへご登録ください

本の紹介
婚活が隆盛する今でも未婚化・晩婚化が止まらないのはなぜなのか。悲喜こもごもの実体験を踏まえ、婚活での男女の力学を俯瞰し、参加者やサービス企業への提言をまとめた。

著者紹介

高橋 勅徳(たかはし みさのり)
[プロフィール]
東京都立大学大学院経営学研究科准教授。
神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程修了。2002年神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程修了。博士(経営学)。
沖縄大学法経学部専任講師、滋賀大学経済学部准教授、首都大学東京大学院社会科学研究科准教授を経て現職。
専攻は企業家研究、ソーシャル・イノベーション論。
2009年、第4回日本ベンチャー学会清成忠男賞本賞受賞。2019年、日本NPO学会 第17回日本NPO学会賞 優秀賞受賞。

[主な著作]
企業家の社会的構成:起業を介した組織/集団の再生産と起業家精神』(滋賀大学経済学部研究叢書)、『制度的企業家』(共著、ナカニシヤ出版)、『ソーシャル・イノベーションを理論化する:切り拓かれる社会企業家の新たな実践』(共著、文眞堂)など

担当編集者コメント
44歳経営学者、婚活にハマる。

自身の体験を赤裸々かつ悲喜こもごもに語りつつも、冷静に学者の視点で市場の力学を見つめる。
婚活を意識するすべての男女・業界従事者・研究者必読の書籍です。
著者から
「現実を見ろ! 」という説教は、理想の配偶者を求めて未婚化・晩婚化を選択することが当事者にとっての現実(リアル)であれば、迷惑な説教でしかない。
婚活市場に身を置く当事者の視点で、その行動の帰結としての未婚化・晩婚化を捉え直していく必要があるのではないだろうか。
その先に「結婚に夢を求めること」も「選り好みをしていくこと」も肯定的に捉え直し、配偶者探しや結婚そのものの是非、これからの婚活ビジネスのあり方について、新たな方向性が見いだされると本書は考えている。
―「まえがき」より