起業ストーリーで学ぶ会計

川島 健司
定価:3,960円(税込)

発行日:2021/09/28
A5判 / 412頁
ISBN:978-4-502-39831-5

送料について
本の紹介
@cosmeを運営する(株)アイスタイルの起業から現在までの実話と実データにもとづいて、複式簿記、会計学、財務分析、価値分析について体系的に解説したテキスト。

目次

序章 会計とは何か, どのように学ぶか

第1部 複式簿記|財務諸表を作成する
起業ストーリーⅠ アイスタイルの創業期:1999年−2004年
第1章 会社経営と財政状態
第2章 収支計算と損益計算
第3章 複式簿記の方法
第4章 複式簿記の実践

第2部 会計学|会計処理を考察する
起業ストーリーⅡ アイスタイルの拡大期:2005年−2009年
第5章 利益計算の会計
第6章 資産の会計
第7章 負債と資本の会計
第8章 会計学の実践

第3部 財務分析|財務諸表を読解する
起業ストーリーⅢ アイスタイルの上場期:2010年−2014年
第9章 貸借対照表の分析
第10章 損益計算書の分析
第11章 キャッシュ・フローの分析
第12章 財務分析の実践

第4部 価値分析|会社の価値を評価する
起業ストーリーⅣ アイスタイルの挑戦期:2015年−2019年
第13章 会社の価値と資本コスト
第14章 DCFモデル
第15章 残余利益モデル
第16章 価値分析の実践

終章 会計の歴史ストーリー

著者紹介

川島 健司(かわしま けんじ)
[プロフィール]
1977年生まれ。法政大学大学院経営学研究科(ビジネススクール)/法政大学経営学部 教授。法政大学経営学部卒、一橋大学大学院商学研究科卒(博士, 2005年)、千葉商科大学商経学部専任講師、法政大学経営学部専任講師、同准教授を経て、現職。2015年-2017年, University of California, Berkeley客員研究員。法政大学高度会計人育成センターの初代センター長として公認会計士の育成に携わる。2020年度・法政大学「学生が選ぶベストティーチャー賞」。専門は会計学、財務諸表分析、インベスターズ・リレーションズ。日本会計研究学会、日本経済会計学会、日本IR学会、日本簿記学会に所属。

担当編集者コメント
会計の学びを, もっとリアルに, もっと面白く!
① @cosmeを運営する株式会社アイスタイルの実話と実データにもとづき,起業の構想からIPOの舞台裏まで, リアルな臨場感と読みやすい記述で会社の成長の全貌を描いています。そのストーリーに紐づいた講義パートで, 会計の仕組みと分析法を体系的に解説します。
② まずは, ノンフィクションの起業ストーリーだけでもお読みいただき, 興味をもっていただければ, 続けてぜひ講義パートもお読みください。会計が分かると, ストーリーの情景が違って見えてきます。
③ 「決算書の作り方と使い方を合わせて学びたい方」, 「会計のルールの背後にある理屈や原理を学びたい方」, 「経営を数字で捉えて分析する手法を学びたい方」, 「会社が起業して上場会社へと成長していく過程そのものに関心がある方」に向けて, 初学者には分かりやすく, 経験者には新たな気づきを得てもらえることを心がけて記述されています。
④ 講義パートをすべて通読すると,明治時代から現在に至る約150 年間の日本の会計発展史をたどることもでき、歴史に関心のある方も楽しめる内容です。
⑤ 本書の著者は研究者であり, 経理・財務の実務解説書というよりは, 起業ストーリーを素材に, 会計の仕組みや考え方を学術的な視点を交えて体系的に解説することに主眼をおいて書かれた本です。
⑥ ベンチャー・キャピタルや機関投資家の方が起業家に贈答する本としてもおオススメします。