ドイツ企業の統治と経営

吉村 典久 編著
定価:3,080円(税込)

発行日:2021/03/16
A5判 / 168頁
ISBN:978-4-502-38241-3

送料について
本の紹介
ユニークな統治形態の大規模企業がある一方、グローバルに事業展開する中堅・中小企業が存在するなど、現代のドイツ企業に焦点をあて、制度論、実態論、規範論の視点で解明。

目次



ドイツ企業の統治と経営
目次

はしがき
第1 章 ドイツの企業統治(倫理)と経営への注目
 1 はじめに 
 2 「よいこと」への注目 
 3  ドイツ企業への注目:特に「よいこと」に関する注目 
 4 おわりに 

第2 章 ドイツの価値創造100大企業の分析
―独占委員会の主要報告書に依拠して―
 1 はじめに 
 2 価値創造100大企業の推移と特徴 
 3 価値創造100大企業の法律形態と企業統治 
 4 おわりに
 
第3 章 ドイツの企業倫理
 1 はじめに 
 2 ドイツの企業倫理:理論的展開 
 3 ドイツ企業倫理の社会経済的背景 
 4 ドイツ企業倫理の実践 
 5 おわりに 

第4 章 ドイツの中小同族企業の統治と経営
 1 はじめに 
 2 ミッテルシュタント(Mittelstand)への着目 
 3 事例⑴:ペリンガー(Ludwig Perlinger GmbH) 
 4  事例⑵:ロベルト・ヘアダー(Robert Herder GmbH &Co. KG) 
 5 おわりに 

第5 章 ドイツの大規模企業の統治と経営
 1 はじめに 
 2 ドイツ企業の企業形態 
 3 同族企業 
 4 ドイツの共同決定制度の形成過程 
 5 共同決定の規定と機能 
 6 おわりに 

第6 章 E. ONの企業戦略の分析
―競合他社との資産スワップを中心として―
 1 はじめに 
 2 ドイツの電力大手4社 
 3 E. ONとRWEの資産スワップ 
 4 E. ONの企業統治システム 148
 5 おわりに 
索  引 




著者プロフィール
■編著者紹介
吉村 典久(よしむら・のりひさ)
大阪市立大学大学院経営学研究科教授,和歌山大学名誉教授,博士(経営学)1968年生まれ,1993年神戸大学大学院経営学研究科修士課程修了,2003年英国Cass BusinessSchool, City University(現City, University of London)客員研究員,2008年和歌山大学経済学部教授,2017年より現職。
主著:『会社を支配するのは誰か―日本の企業統治―』(講談社,2012年),『部長の経営学』(筑摩書房,2008年),『日本の企業統治―神話と実態―』(2007年,NTT出版)


著者紹介

吉村 典久(よしむら のりひさ)