データで読み解くモバイル利用トレンド2020-2021―モバイル社会白書

株式会社NTTドコモモバイル社会研究所
定価:1,320円(税込)

発行日:2020/10/09
A5判 / 220頁
ISBN:978-4-502-36271-2

送料について
本の紹介
5G等新たなトレンド、スマホ等モバイルの使われ方、SNS、動画の利用状況等をオリジナル調査で徹底分析!マーケティングや商品開発の資料等に便利なデータブック。

目次



データで読み解く
モバイル利用トレンド2020-2021
■モバイル社会白書
目次

巻頭言 2020年、新たな価値創造の時代に向けて
 2019~2020年のモバイルトレンド
 コラム① コロナ禍で考えたこと
  東京大学教授 東京大学先端科学技術研究センター 
  サービスVRプロジェクトリーダー(特任研究員)廣瀬通孝
 コラム② 5Gで変わるライフスタイル~社会への浸透の目論見~
  NTTドコモ5G事業推進室室長 太口 努

第1章 携帯電話の所有・利用状況
 第1節 所有・利用状況
  ―誰がどんな携帯電話をどのように使っているか
 第2節 通信回線
  ―家族の契約先携帯電話事業者/Wi‐Fi利用
 コラム③ リモートワークと5G技術
  立教大学社会学部メディア社会学科教授 是永論

第2章 モバイルコミュニケーション
 第1節 連絡手段
  ―通話の利用率、日常会話を伝える手段
 第2節 ソーシャルメディアの利用状況
  ―ソーシャルメディアの利用率、利用頻度
 第3節 SNSの使い分け・情報収集
  ―情報収集・発信に使うSNS、ニュースや生活情報を得ている
   メディア
 コラム④ スマホ・コミュニケーションの多様性
  中央大学文学部社会情報学専攻教授 松田美佐

第3章 コンテンツとメディア
 第1節 ユーティリティ系サービス
 第2節 ネット購買
 第3節 動画利用状況
 コラム⑤ 5Gで変わるライフスタイル~MaaS
  野村総合研究所研究理事、未来創発センター長 桑津浩太郎

第4章 安心・安全
 第1節 携帯電話のマナー
  ―自身の行動、他社の気になる行動
 第2節 携帯電話のセキュリティ対策
  ―セキュリティ対策内容、18歳未満のフィルタリング設定率
 第3節 災害への備え
  ―モバイルバッテリー準備率、安否確認サービスの認知率
 コラム⑥東北復興新生支援室におけるICTの活用
  NTTドコモ東北復興新生支援室 菅原陽子

第5章 子どものICT利用
 第1節 子どものICT端末所有状況
  ―子供が利用・所有している端末、インターネット利用終了時間
 第2節 子どものICTサービス利用状況
  ―ICTサービス利用頻度、調べものでのICT利用頻度、
   文字入力スキル
 第3節 保護者の認識と親子間ルール
  ―子供のICT利用への期待と不安、親子間ルール設定率、
   親子の連絡頻度、フィルタリング利用率

第6章 シニアの生活実態とICT利用
 第1節 ICT端末所有状況
  ―端末所有状況、スマートフォン所有のきっかけ、相談相手、
   調べ方
 第2節 コミュニケーションとICTサービス利用
  ―連絡手段、ICTサービス利用率
 第3節 シニアの生活の実態とICT利用
  ―日々の活動実施率、利用する店舗、インターネットショッピング
   利用
 コラム⑦ 5Gで変わるライフスタイル モバイル社会の未来に向けて
  株式会社ユーディット会長兼シニアフェロー 関根千佳

補章 本書におけるオリジナル調査概要



著者プロフィール
〈編者〉
株式会社NTTドコモモバイル社会研究所


著者紹介

株式会社NTTドコモモバイル社会研究所(かぶしきがいしゃえぬてぃーてぃーどこももばいるしゃかいけんきゅうしょ)