碩学叢書エフェクチュエーション―市場創造の実効理論

サラス・サラスバシー
加護野 忠男 監訳
高瀬 進
吉田 満梨
定価:6,380円(税込)

発行日:2015/09/29
A5判 / 500頁
ISBN:978-4-502-15191-0

送料について
本の紹介
ノーベル経済学者ハーバート・サイモン教授晩年の弟子による注目の起業家研究。経験豊かな起業家の意思決定を分析し、その「論理」「プロセス」「5つの原則」を提示。(発行=碩学舎、発売=中央経済社)

著者紹介

サラス・サラスバシー(さらすばしー さらす)

加護野 忠男(かごの ただお)
[プロフィール]
甲南大学特別客員教授,神戸大学名誉教授,経営学博士。
1947年生まれ、神戸大学経営学部卒業、1975年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。1988年神戸大学経営学部教授、1999年神戸大学大学院経営学研究科教授、2011年より現職。

[主な著作]
『経営はだれのものか:協働する株主による企業統治再生』(日本経済新聞出版社、2014年)、『経営の精神:我々が捨ててしまったものは何か』(生産性出版、2010年)、『「競争優位」のシステム:事業戦略の静かな革命』(PHP新書、1999年)、『組織認識論:企業における創造と革新の研究』(千倉書房、1988年)、『企業のパラダイム変革』(講談社新書、1988年)、『経営組織の環境適応』(白桃書房、1980年)、『ゼミナール経営学入門』(共著、日本経済新聞社、1993年)、『日米企業の経営比較』(共著、日本経済新聞社、1983年;組織学会賞)、『日本企業の多角化戦略』(共著、日本経済新聞社、1981年;日経図書文化賞)。

高瀬 進(たかせ すすむ)

吉田 満梨(よしだ まり)