坂本 雅士の著書

著者

坂本 雅士(さかもと まさし)
略歴
立教大学経済学部教授 2000年一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得。富山大学経済学部專任講師、立教大学経済学部助教授・准教授を経て2012年より現職。現在、税務会計研究学会理事、(一財)産業経理協会評議員、経営関連学会協議会評議員、(公財)日本税務研究センター研究員、(公社)日本租税研究協会·税務会計研究会主査、(公財)租税資料館研究助成等選考委員。
主要論文
「混合配当をめぐる課税問題——最高裁判決を前にして」『會計』198巻5号、2020年 「損金経理要件——確定決算主義の淵源を巡る」『税務会計研究』31号、2020年 「損金経理要件を考える」『會計』196巻6号、2019年 「欠損塡補、剰余金の配当」『日税研論集』76号、2019年他多数
1冊の本が見つかりました。  1件~ 1件を表示

現代税務会計論〈第4版〉

成道 秀雄監修 坂本 雅士編著

定価: 3,300 (税込)

発行日:2021-03-08
A5判 / 296頁
ISBN:978-4-502-38111-9