会計

簿記会計基礎論

立ち読み

定価:2,860円(税込) 送料について

発行日:2020-01-24
A5判/264頁
ISBN:978-4-502-32961-6

  • 入門書
  • 初級
  • 学生

紹介文

簿記の初学者を対象に、基本論点1テーマを1頁で解説しているテキスト。日商簿記検定3級の範囲をカバー。各章に対応した練習問題を多数収録し、理解度チェックができる。

目次

◆本書の特徴
① 簿記の初学者を対象に、まず、資産・負債・純資産そして収益・費用に属する勘定科目のなかでも、初歩的なものに絞って、講義形式で解説している。
② 説明文における書き綴りをできる限り平易にし、また1論点を1頁で解説している。
③ 取り扱う内容は初学者向けに限定しているが、日商簿記検定3級程度はフォローしている。
④ 巻末に豊富な練習問題が掲載されており、理解度がチェックできる。

◆学習のコツ
簿記の学習のポイントは2つ。①勘定科目の名称がもつ意味の理解、と②借方(左)・貸方(右)のどちらに仕訳をするべきであるかという判別である。これが、簿記の学習効果を飛躍的に向上させる布石となる。
学習を進めると、勘定科目の名称がもつ意味と、借方・貸方のどちらに仕訳をするべきであるかを端的に認識するためには、資産・負債・純資産そして収益・費用という表示区分とあわせて覚えることが不可欠であるとわかる。
簿記の要である仕訳は、パターンの組み合わせであるといえる。パターンの理解は、書物を読むだけでなく、むしろ効果的な学習は「読むより解け」である。数多くの問題を、懸命に解いているうちに、自己のなかで仕訳のパターンが明らかになってくる。そして、自己のなかで仕訳のパターンが明瞭になってくれば、簿記を体系的に理解することができようになる。

◆練習問題の解答用紙・解答はこちら
https://www.biz-book.jp/amendments/link_file/668

関連書

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。