会計

管理会計の理論と実務〈第2版〉

定価:3,456円(税込) 送料について

発行日:2016-02-25
A5判/316頁
ISBN:978-4-502-17721-7

  • 初級
  • 中級
  • 上級
  • 学生
  • 専門家

紹介文

理論と実務の両方に精通する著者が、最新の研究成果をもとに、理論と実務を橋渡しした管理会計の全体像を提示。大学のテキストとしてだけでなく、実務家にも有用な一冊。

本書の著者である川野先生は、14年間電子部品会社に在籍し、経理、経営企画、情報システムを担当、その後、12年間会計のコンサルタントを務め、その時に大学で非常勤として教鞭を執る機会があり、大学教育に興味を持つようになって、日本大学商学部に奉職されました。現在は、日本企業の管理会計実務にこだわった研究を続けながら、学生の教育にも精力を注がれています。

川野先生のご略歴が示す通り、本書は管理会計論の理論書ではありません。また完全な実務書でもありません。本書がねらっているのは、理論と実務の橋渡しを行うことです。実務よりも理論が優れている場合があり、また、理論が机上の空論の場合もあります。それらを客観的な視点から整理して、管理会計論を展開している点が、本書最大、かつ類書にはない特徴といえます。

本書は、川野先生の実務経験にもとづく解説が随所に盛り込まれており、学生の方は、実務に根ざした管理会計を実感、学習でき、また実務家の方は実務をふまえた理論(基本的な考え方)を学ぶことが出来、さらにそれを自社の実務に応用できるようになると思われます。

第2版では、最新の研究成果や実務などを盛り込み、大幅に改訂しています。

ぜひ、多くの方にご覧・ご活用いただきたい一冊です。

関連書

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。