経済

環境政策とイノベーション―高度成長期日本の硫黄酸化物対策の事例研究

定価:4,400円(税込) 送料について

発行日:2016-01-26
A5判/220頁
ISBN:978-4-502-17011-9

  • 中級
  • 上級
  • 専門家
  • 研究書

紹介文

日本の高度成長期における硫黄酸化物排出規制・関連政策の形成プロセスと、それへの反応を丁寧にフォローし、環境政策とイノベーションの関係を明らかにする。

専門は環境経済学。
主な研究テーマは、環境政策が技術変化に対して与える影響。日本の高度成長期の技術と環境政策の研究は評価が高い。
初の単著。

環境規制と技術開発・イノベーションの間には、「環境規制を導入・強化したので技術開発が進み、イノベーションが起きた」という単線的な関係があるわけではない。
ある程度技術開発が進んだので、厳しい環境規制を導入することが政治的に可能になるという面もある。これが「規制と技術の間の相互依存関係」である。
その点を重視しながら、日本の高度成長期における硫黄酸化物(SOX)排出規制および関連政策と排出削減を振り返る。

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。