税法

新版検証税法上の不確定概念

定価:4,400円(税込) 送料について

発行日:2015-05-13
A5判/408頁
ISBN:978-4-502-14171-3

  • 中級
  • 上級
  • 専門家
  • 研究書

紹介文

税法の法令、通達の中にある「相当程度」「不当に」等の不確定概念は実務上悩ましい問題である。最新の裁決例、判決例等を駆使して、不確定概念の適正な解釈の方向性を示す。

11年の時を経て、税制改正や最新判決例を盛り込んで、好評書籍の大幅改訂!

税法条文などによく出てくる「公正妥当」「不相当に高額」「著しく不適当」「専ら」などの不確定概念は、何を指すのか、実務で悩ましい問題です。
税務調査で調査官に指摘された場合に、その根拠を説明できるためにも、不確定概念の解釈における理論武装は大切です。
そこで、実務家目線で、裁決例・判決例等を分析し、解釈の方向性を指し示しました。

関連書

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。