メルコ学術振興財団研究叢書/1戦略をコントロールする―管理会計の可能性

  • 書籍品切れ中

クリストファー・チャップマン 編著
澤邉 紀生 監訳
堀井 悟志 監訳
定価:3,520円(税込)

発行日:2008/06/30
A5判 / 272頁
ISBN:978-4-502-28620-9

ただいま品切れ中です

入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

  • ただいま品切れ中です

    入荷をお待ちの方は、
    お気に入りリストへご登録ください

本の紹介
クリストファー・チャップマンをはじめとする欧米の管理会計研究者による書。経営戦略の策定において管理会計は独立性を保持しているのか、機能しているのかを理論的・実証的に解明。

目次


戦略をコントロールする
―管理会計の可能性
目次

 日本語版への序文

第1章 戦略をコントロールする
 1 マネジメント・コントロール・システムと戦略の関係

第2章 戦略内容アプローチと戦略プロセスアプローチ
 1 戦略内容アプローチと戦略プロセスアプローチ:概説
 2 戦略内容アプローチ
  ⑴ アウトサイド・インの視点
  ⑵ インサイド・アウトの視点
 3 戦略プロセスアプローチ
 4 戦略内容アプローチと戦略プロセスアプローチを組み合わせる

第3章 イノベーションと戦略変化のための
      マネジメント・コントロール・システム

 1 イノベーションのためのMCSの展望
 2 イノベーション・プロセスと戦略変化に関する見解の進化
 3 イノベーションのためのMCS設計モデル
  ⑴ 構造的文脈としてのMCS:意図された戦略の遂行
  ⑵ 構造的文脈としてのMCS:誘導された戦略行動を導く
  ⑶ 戦略的文脈としてのMCS:自律的戦略行動を作り出す
  ⑷ 戦略的文脈としてのMCS:戦略的イノベーションの構築
 4 結論

第4章 我々はマネジメント・コントロール・システムと
      戦略について何を知っているのだろうか?

 1 初期の研究
 2 業績指標・報酬システムと事業戦略
 3 資本投資プロセスと戦略的投資の開始
 4 双方向型のコントロールと戦略変化
 5 現業レベルでの戦略とコントロール・システム
  ⑴ 品質戦略
  ⑵ 製品関連戦略
  ⑶ 生産の柔軟性と顧客に焦点を当てた戦略
  ⑷ 企業間関係におけるMCS と戦略
 6 本社の戦略的スタイルと事業単位のMCS
 7 要約と将来の研究方向

第5章 戦略的測定から戦略的データ分析へ
 1 戦略的コントロール・システムにおけるデータ分析の役割
  ⑴ コンビニエンスストアチェーンにおける戦略的マーケティング指標
  ⑵ コンピュータ製造企業における目標の設定
  ⑶ 金融サービス企業におけるバリュー・ドライバー分析
  ⑷ 消費財製造企業における新製品成功の予測
 2 戦略的データ分析に対する障壁
  ⑴ 技術的障壁
  ⑵ 組織的障害
 3 結論

第6章 マネジメント・コントロール・システムと
      戦略のクラフティング―実践という視点に基づく考察―

 1 実践理論
 2 リサーチデザイン
 3 レストランにおける顧客の構築と管理
 4 本社における顧客の構築と管理
 5 考察
 6 結論

第7章 戦略と組織的問題:バランスト・スコアカードにおける
      企業価値と首尾一貫性の構築

 1 戦略とBSC
 2 ケース
  ⑴ ErcoPharm:職能横断的統合のためのBSC
  ⑵ Kvadrat:計画設定のためのBSC
  ⑶ Columbus IT Partner:ベンチマーキングのためのBSC
  ⑷ BRFkredit:ビジネス・プロセス・リエンジニアリング(BPR)のため
     のBSC
 3 考察
  ⑴ 戦略管理会計の発展プロセスにおける状況論理
  ⑵ 組織的問題と戦略管理会計システムの「機能性」
 4 結論

第8章 資本予算,調整,戦略:企業間・企業内メカニズムに
      関するフィールド研究

 1 はじめに
 2 方法
 3 Intelとその補完構造
  ⑴ プロセス世代とマイクロプロセッサ設計の間の調整
  ⑵ マイクロプロセッサと補完的製品の設計上の調整
  ⑶ プロセス世代と工場設計の間の調整
  ⑷ 調整の失敗費用
 4 テクノロジー・ロードマップ
  ⑴ サプライヤーの革新との調整
  ⑵ 企業内調整
  ⑶ 顧客・協力企業の設計との調整
 5 結論
 補遺

 監訳者あとがき

 索引



著者プロフィール <監訳者紹介>
澤邉紀生(さわべのりお)
京都大学経営管理大学院・大学院経済学研究科教授
(Professor,Graduate School of Management,Graduate School of Economics,Kyoto University)

堀井悟志(ほりいさとし)
立命館大学大学院経営管理研究科・立命館大学経営学部准教授
(Associate Professor, Ritsumeikan University Graduate School of Management)


























著者紹介

クリストファー・チャップマン(ちゃっぷまん くりすとふぁー)

澤邉 紀生(さわべ のりお)
京都大学大学院経済学研究科・経営管理大学院教授 博士(経済学)
1990年京都大学経済学部卒業。立命館大学経営学部専任講師、九州大学経済学部助教授を経て、2007年より現職。

[主な著書]
『アメーバ経営学―理論と実証』共編著、KCCSマネジメントコンサルティング、2010年
『次世代管理会計の礎石』共編著、中央経済社、2015年
『アメーバ経営の進化―理論と実践』共編著、中央経済社、2017年
『計算と経営実践―経営学と会計学の邂逅』共編著、有斐閣、2017年

[主要論文]
Management Controls and Pressure Groups: The Mediation of Overflows, Accounting, Auditing & Accountability Journal, 31(6), 2018, pp. 1644-1667, co-authored with Stephen Jollands and Chris Akroyd.
Core Values as a Management Control in the Construction of ‘Sustainable Development,’ Qualitative Research in Accounting & Management, 12(2), 2015, pp. 127 – 152, co-authored with Stephen Jollands and Chris Akroyd等.

堀井 悟志(ほりい さとし)