『大学生のための実践的キャリア&就活講座』(2021年9月特集第1回)

特集

2021年9月号特集就活のヒントになる本

夏休みが終わり、徐々に来年度のことを考える時期になってきました。特に学生の皆様には、就職活動を意識し始める方も多いのではないでしょうか。しかし世の中には大量の情報が出回り、何を「とっかかり」にすればいいかわからない方もいるのでは? そこで本特集では、就活のお役に立つ書籍を紹介すべく、担当編集者にインタビューを行いました。
今回は、キャリアを考えつつ就活を進めるために役立つ1冊を紹介します。

Q1 本書の内容を教えてください。

本書は就活対策本ではなく、大学や短大における「キャリア教育」のテキストとして使うことを想定しています。
大学生がどのような学生生活を送り、将来の生き方(ライフキャリア)や職業人生(職業キャリア)をどのように考えていけばよいのかのヒントになるような内容となっています。


キャリアデザインの基本ステップ


Q2 本書を企画したきっかけや背景を教えてください。

以前より、大学に入学して安心してしまい、将来のこともあまり考えずのんびり過ごしていたらすぐ就活の時期、という学生も多いと耳にしており、大学入学時からのキャリア教育の重要性を認識していました。
そのような中、たまたま毎年お目にかかっていた会計がご専門の著者のお一人がキャリア教育に力を入れていたことから実現したのが本書です。


Q3 本書は就活のどのような場面で読んでいただきたいですか?

Q1で書いたように、本書は就活対策本ではなく、早い時期から自分のキャリアをじっくり考えましょうというコンセプトの書籍です。
ですので、大学入学後できるだけ早い時期に読んで、将来を見すえて有意義な大学生活を送っていただきたいと思います。




Q4 本書のこだわりポイントを教えてください。

抽象的な解説に終始するのではなく、「ワークシート」「考えてみよう」で実際に考えて、さらに書いてみることにより気づきが得られる点ですね。
なお、ワークシート等は弊社HPの本書掲載欄にPDFを載せていますので、繰り返し見直すとよいと思います。




ワークシートの例


Q5 就活生の方へのメッセージをお願いします。

コロナ禍で経済社会全体、そして学生の方々にとっても生活様式や大学での学び、そして就活のかたちは大きく変わったと思います。
それだけに、自分の生き方や仕事を自分自身で真剣に考え、デザインしていくことがより重要になっているといえるでしょう。
本書をそのヒントにしていただければうれしいですね。