レーアブーフ民法Ⅰ【総則】〈第3版〉

  • 書籍品切れ中

斎藤 和夫
定価:3,080円(税込)

発行日:2007/01/30
四六判 / 560頁
ISBN:978-4-502-94950-0

ただいま品切れ中です

入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

  • ただいま品切れ中です

    入荷をお待ちの方は、
    お気に入りリストへご登録ください

本の紹介
民法の口語化、会社法制定などに対応し内容を一新し、最新の重要判例に詳細な解説を付し充実した新版。法学部のテキストに最適。「レーアブーフ」とはドイツ語で教科書・体系書の意。

目次


レーアブーフ民法?【総則】-第3版‐
目次

はじめに民法「総論」―私法入門―
 第1節 民法の学び方
 第2節 法律世界における「理論と実務」両者はどのようにして架橋さ
       れなければならないのか
 第3節 明治期以降の「法の継受」
 第4節 判例法の位置付け「判例民法」による民法典の修正・補充
 第5節 民法解釈学の方法学問はいかなる方法でなされるべきか
       (「方法論」論争)

序章 民法学の基礎
 第1節 民法の概念
 第2節 民法の規律対象
 第3節 民法の性格
 第4節 民法の分類
 第5節 民法と他の関連諸法との対比
 第6節 民法の法源
 第7節 民法の基本原理
 第8節 民法の効力
 第9節 民法の解釈
 第10節 民法上の権利(私権)
 第11節 民法の基本原則(私権の社会性)
 第12節 日本民法典

第1章 民法総則とは―その内容ならびに通則性
 第1節 総則編の内容
 第2節 通則性

第2章 権利の主体人(自然人)
 第1節 総説
 第2節 人の能力
 第3節 住所
 第4節 不在者の財産管理
 第5節 失踪宣告
 第6節 同時死亡の推定

第3章 権利の主体法人
 第1節 総説
 第2節 法人の種類
 第3節 公益法人の成立
 第4節 法人の能力
 第5節 法人の機関と管理
 第6節 定款および寄附行為の変更
 第7節 法人の登記
 第8節 法人の解散
 第9節 法人の監督
 第10節 外国法人

第4章 権利の客体―特に物
 第1節 権利の客体
 第2節 物の分類

第5章 法律行為
 第1節 契約
 第2節 意思表示
 第3節 法律行為
 第4節 法律行為の有効要件

第6章 意思表示
 第1節 意思欠缺(意思の不存在)
 第2節 瑕疵ある意思表示
 第3節 消費者契約法による特則
 第4節 意思表示の効力発生時期

第7章 代理
 第1節 代理制度
 第2節 代理の要件と効果
 第3節 代理権
 第4節 代理権の制限
 第5節 無権代理

第8章 無効と取消し
 第1節 法律行為の効力
 第2節 無効
 第3節 取消し

第9章 条件と期限
 第1節 条件
 第2節 期限

第10章 期間
 第1節 期間とは
 第2節 期間の計算方法

第11章 時効
 第1節 序説
 第2節 取得時効
 第3節 消滅時効
 第4節 時効の効力(時効通則)
 第5節 類似の制度

第12章 重要判例ガイド

 判例リスト

 参考文献


著者プロフィール 〔編者紹介〕
斎藤和夫(さいとう・かずお)
1946年生
慶應義塾大学法学部・法学研究科教授
専攻:民法・担保執行倒産法・金融法・ドイツ法

主著
ドイツ強制抵当権の法構造―債務者保護のプロイセン法理の確立―慶應義塾大学出版会・2003年
その他の業績については,慶應義塾大学研究者情報総覧
(http://kris.keio.ac.jp:20002/Profiles/0040/0005532/pblc1.html)
データ参照


























著者紹介

斎藤 和夫(さいとう かずお)