図解&設例 連結キャッシュ・フロー計算書の作成マニュアル

飯塚 幸子
定価:4,400円(税込)

発行日:2022/10/12
A5判 / 364頁
ISBN:978-4-502-44081-6

送料について
本の紹介
個別キャッシュ・フローの基本を踏まえ、子会社の増減資、新規連結、連結除外、在外子会社の取扱いといった連結固有の実務論点までを、豊富な設例とともに詳しく解説。

目次

第1章 キャッシュ・フローの基本
1 キャッシュ・フロー計算書とは
2 キャッシュ・フローと貸借対照表、損益計算書との関係
3 間接法によるキャッシュ・フロー計算書の作り方

第2章 連結キャッシュ・フローの基本
1 連結キャッシュ・フロー計算書の作成方法
2 原則法による連結キャッシュ・フロー計算書の作成
3 簡便法による連結キャッシュ・フロー計算書の作成
4 非支配株主持分がある場合の連結キャッシュ・フロー計算書の作成方法

第3章 連結キャッシュ・フロー計算書作成の実務
1 連結キャッシュ・フロー計算書の作成フロー
2 連結キャッシュ・フロー計算書項目の検討
3 連結パッケージの整備
4 連結キャッシュ・フロー計算書のチェックポイント

第4章 連結キャッシュ・フローに関する各種論点
1 子会社の増減資に関する連結キャッシュ・フロー
2 連結範囲の変更を伴わない子会社株式の追加取得・一部売却の連結キャッシュ・フロー
3 新規に連結子会社となった場合の連結キャッシュ・フロー
4 連結除外の場合の連結キャッシュ・フロー
5 その他の論点

第5章 在外子会社がある場合のキャッシュ・フロー
1 在外子会社がある場合の論点
2 個別キャッシュ・フロー計算書の作成
3 在外子会社がある場合の原則法による連結キャッシュ・フロー計算書の作成
4 在外子会社がある場合の簡便法による連結キャッシュ・フロー計算書の作成
5 固定資産の増減がある場合
6 在外子会社とのキャッシュ・フロー内部取引消去

著者紹介

飯塚 幸子(いいづか さちこ)