テキスト原価計算入門

淺田 孝幸
定価:3,080円(税込)

発行日:2011/03/18
A5判 / 256頁
ISBN:978-4-502-43540-9

送料について
本の紹介
原価計算を体系的かつ簡潔に解説した入門教科書。さらにコストマネジメントの諸論点に言及し、管理会計の視点から有用な原価情報の生成を解説。学生をはじめビジネスマンにも有益な書。

目次


テキスト原価計算入門
目次

第Ⅰ部 原価計算の考え方
 第1章 原価計算の意義
  1 原価計算の役割
  2 原価計算の目的
   2.1 財務諸表作成目的
   2.2 管理目的の原価計算
  3 原価とは
  4 原価の分類
   4.1 原価の形態別分類
   4.2 直接費と間接費の分類 ……ほか
  5 その他の原価概念
   5.1 実際原価と標準原価
   5.2 製品原価と期間原価
 6 原価計算単位と原価計算期間
  6.1 原価計算単位
  6.2 原価計算期間

 第2章 実際原価計算:費目別計算
  1 費目別計算の意義
  2 材料費
   2.1 分類
   2.2 材料の購入手続 ……ほか
  3 労務費
   3.1 支払形態による分類
   3.2 労務費の製品との関連に基づく分類 ……ほか
  4 経 費
   4.1 形態別分類
   4.2 製品との関連に基づく分類 ……ほか

 第3章 実際個別原価計算
  1 個別原価計算の意義
  2 個別原価計算の計算手続
  3 製造指図書
  4 製造間接費の配賦
  5 作業屑の処理
  6 仕損費の計上と処理
   6.1 仕損費の計上
   6.2 仕損費の処理

 第4章 実際部門別原価計算
  1 部門別原価計算の意義
   1.1 部門別原価計算とは
   1.2 部門別原価計算の目的
  2 原価部門の設定
  3 部門個別費と部門共通費
   3.1 部門個別費と部門共通費
   3.2 部門別原価計算の手続 ……ほか
  4 補助部門費の配賦
   4.1 直接配賦法,相互配賦法(簡便法),階梯式配賦法の計算の
       意味と手続
  5 部門費の製品への配賦
   5.1 予定配賦,基準操業度および予定配賦率
   5.2 製造部門費の予定配賦率の計算と予定配賦

 第5章 実際総合原価計算
  1 総合原価計算の意義
  2 単純総合原価計算
   2.1 単純総合原価計算の意義
   2.2 期末仕掛品原価と完成品原価の計算方法:単純なケース
       ……ほか
  3 工程別総合原価計算
  4 組別総合原価計算
  5 等級別総合原価計算
  6 連産品の原価計算と副産物の処理
   6.1 連産品の原価計算
   6.2 副産物の処理

 第6章 標準原価計算
  1 標準原価計算の意義
   1.1 標準原価計算の目的
   1.2 標準原価の種類 ……ほか
  2 標準原価の計算
   2.1 標準原価計算の手順
   2.2 標準原価の計算 ……ほか
  3 原価差異の分析
   3.1 直接材料費差異の分析
   3.2 直接労務費差異の分析
   3.3 製造間接費差異の分析
  4 標準原価計算の記帳
   4.1 シングル・プラン
   4.2 パーシャル・プラン ……ほか

 第7章 直接原価計算と損益分岐点分析
  1 直接原価計算の意義
  2 貢献利益の算出と損益計算書の様式
  3 損益計算と勘定連絡図
  4 固定費調整
  5 損益分岐点分析
   5.1 CVP分析とは
   5.2 CVP分析の基本公式

 第8章 活動基準原価計算
  1 ABCの背景
  2 ABCの概要
  3 製造間接費の配賦方法のまとめ
   3.1 部門もしくは活動への配賦
   3.2 製品への配賦
  4 ABCの意義
  5 ABCの利用分野
   5.1 サービスの原価計算
   5.2 本社サービスの原価計算 ……ほか
  6 活動基準原価管理

 第9章 原価データの測定方法とその意義
   1 コスト・ビヘイビアと固変分解
   2 原価推定の方法
    2.1 費目別精査法(勘定科目精査法)
    2.2 高低点法 ……ほか

第Ⅱ部 コスト・マネジメントの考え方
 第10章 トヨタ生産とスループット会計
  1 トヨタ生産とスループット会計の関係
  2 在庫に関する従来の考え方
   2.1 全部原価計算と製品在庫
   2.2 経済的発注量(EOQ)と最適在庫
  3 トヨタ生産方式
   3.1 JIT生産の基本的考え方
   3.2 JITと管理会計
  4 TOCとスループット会計
   4.1 TOCの基本的な考え方
   4.2 TOCにおけるボトルネックの解消 ……ほか

 第11章 原価改善のための原価情報
  1 原価管理の中の原価改善の位置づけ
   1.1 日本での歴史的な流れ
   1.2 原価管理システムの体系
  2 原価改善システム
   2.1 原価改善システムとは
   2.2 製品別原価改善システム ……ほか
  3 ケース

 第12章 製品・サービス企画のための原価情報
  1 顧客の視点と原価
  2 原価企画の意義
  3 原価企画を用いた製品計画の手順
   3.1 新製品の目標利益を設定
   3.2 新製品企画 ……ほか
  4 品質の作り込みとQFD
   4.1 要求品質と品質特性の対応づけと重要度の算出(QFD-1)
   4.2 品質特性の重要度と製造部品の関係の算出(QFD-2)
   4.3 バリュー・エンジニアリング(VE)
  5 サービスの企画
   5.1 サービス業における原価企画
   5.2 サービス業における価格マネジメント

 第13章 環境コスト分析とライフサイクル原価情報
  1 環境管理会計と環境コスト分析
   1.1 環境管理会計における環境コスト分析
   1.2 環境コストの範囲 ……ほか
  2 マテリアルフローコスト会計
   2.1 マテリアルフローコスト会計の意義
   2.2 マテリアルフローコスト会計の基本構造
  3 原価計算としてのマテリアルフローコスト会計の特徴
   3.1 計算例
   3.2 原価計算(非度外視法)との相違点
  4 マテリアルフローコスト会計の活用
   4.1 マテリアルフローコスト会計の活用方法
   4.2 ハウス食品の事例
  5 LCA(ライフサイクルアセスメント)
   5.1 LCAとは
   5.2 LCAの適用事例

 第14章 品質原価の分析と品質管理
  1 品質原価計算とは
   1.1 品質概念
   1.2 品質原価の定義と品質原価計算の目的
  2 品質原価の分類
   2.1 PAFアプローチ
   2.2 予防・評価原価と失敗原価の関係
  3 伝統的な品質原価モデルと新しい品質原価モデル
   3.1 伝統的な品質原価モデル
   3.2 新しい品質原価モデル
  4 品質原価管理の事例
  5 品質原価管理の歴史とわが国の現状
   5.1 米国における品質原価管理
   5.2 日本的品質管理と品質原価管理 ……ほか

 第15章 公益・公共事業体の原価管理
  1 公益・公共事業体の原価管理の背景
  2 原価管理の取組みに影響を与える公益・公共事業体の特徴
  3 事例1-公共交通における原価管理の取組み-
  4 事例2-病院の原価管理-
   4.1 病院における原価計算
   4.2 クリニカルパス ……ほか
  5 原価管理を実践する上での課題

 第16章 プロジェクト型組織の原価管理
  1 プロジェクト・マネジメント
   1.1 プロジェクトの定義
   1.2 継続的活動とプロジェクトの管理の違い ……ほか
  2 プロジェクト・マネジメント・コントロール
   2.1 古典的コスト・マネジメントとEVM
   2.2 EVM(アーンド・バリュー・マネジメント) ……ほか
  3 プロジェクト型組織の会計処理
   3.1 工事完成基準と工事進行基準
   3.2 工事進行基準の会計処理の例
  4 プロジェクト・コスト・マネジメント

 索  引


著者プロフィール (編者紹介)
淺田 孝幸(あさだ たかゆき)
大阪大学大学院経済学研究科教授

<主な著書>
『キャプラン管理会計(上・下)』監訳,中央経済社,1996年
『戦略的管理会計』有斐閣,2002年
『管理会計・入門(新版)』共著,有斐閣,2005年
『Japanese Project Manegement』共編著,World Scientific Publishing,2009年
ほか多数






















著者紹介

淺田 孝幸(あさだ たかゆき)

担当編集者コメント
原価計算とコストマネジメント(原価管理)の基礎が1冊で学べるテキストです。
また、コストマネジメントについては、最新論点も解説されているので、実務家にも有益な内容となっています。