新版 商法総論・会社法総則

畠田 公明
前越 俊之
嘉村 雄司
後藤 浩士
定価:2,860円(税込)

発行日:2022/04/21
A5判 / 236頁
ISBN:978-4-502-42921-7

送料について
本の紹介
商法総則・会社法総則を統一的に理解できるよう執筆されたテキスト。図解を多用し、基本判例の事案と判旨を詳述しつつ重要論点に言及するなど、考えて学ぶ方のために最適。

目次

第1章 商法総論
1 現代の企業社会と商法・会社法
  ⑴ 企業社会  ⑵ 企業と法  ⑶ 企業形態
  ⑷ 企業倫理と企業の社会的責任
  ⑸ コーポレート・ガバナンスと内部統制
2 商法の意義
  ⑴ 形式的意義の商法と実質的意義の商法  ⑵ 企業に関する法
3 法体系における商法の地位
  ⑴ 民法との関係  ⑵ 労働法との関係
  ⑶ 経済法との関係
4 商法の特色
  ⑴ 企業に内在する本質的性格  ⑵ 商法の内容上の特色
  ⑶ 商法の発展傾向上の特色
5 商法の歴史と商法典の構造
  ⑴ 商法の起源・沿革  ⑵ わが国の商法の歴史と構造
6 商法の法源と適用の順序・範囲
  ⑴ 商法の法源の意義と種類  ⑵ 商法の適用順序
  ⑶ 商法の適用範囲

第2章 商人と会社
1 商人と商行為
  ⑴ 商人と商行為の関係  ⑵ 商行為の意義と種類
  ⑶ 商人の意義と種類
2 会社
  ⑴ 会社の意義  ⑵ 会社の種類
3 商人資格
  ⑴ 商人資格の意義  ⑵ 各種法人の商人資格
4 商人資格の取得・喪失
  ⑴ 自然人の場合  ⑵ 法人の場合
5 営業能力
  ⑴ 自然人の営業能力  ⑵ 法人の営業能力

第3章 営業・事業
1 営業・事業の意義
2 主観的意義の営業・事業
  ⑴ 営業・事業の自由と制限  ⑵ 営業・事業自体に関する制限
  ⑶ 営業・事業の態様に関する制限
3 客観的意義の営業・事業
  ⑴ 営業・事業の意義  ⑵ 営業・事業の特別財産性
4 営業所
  ⑴ 営業所の意義  ⑵ 本店と支店
  ⑶ 形式上の本店と実質上の本店が異なる場合
  ⑷ 営業所に認められる効果

第4章 商号
1 商号の意義
2 商号の選定
  ⑴ 商号選定に関する真実主義と自由主義  ⑵ 商号選定の自由
  ⑶ 商号選定の自由に対する例外
3 商号の数
  ⑴ 商号単一の原則  ⑵ 個人商人の場合
  ⑶ 会社の場合
4 商号の登記
  ⑴ 商号の登記の意義と手続
  ⑵ 同一の所在場所における同一の商号の登記の禁止
5 商号権
  ⑴ 商号権の意義と手続  ⑵ 商号使用権
  ⑶ 商号専用権
6 商号の譲渡・相続
  ⑴ 商号の譲渡  ⑵ 商号の相続
7 商号の廃止・変更
  ⑴ 未登記商号  ⑵ 登記商号
8 名板貸
  ⑴ 意義  ⑵ 名板貸人の責任の発生要件
  ⑶ 相手方の誤認  ⑷ 名板貸人の責任

第5章 商業帳簿
1 商業帳簿制度の目的と法規制
  ⑴ 商業帳簿制度の目的と法規制
  ⑵ 商法・会社法と会計慣行との関係
2 商業帳簿の意義と作成
  ⑴ 商業帳簿の意義  ⑵ 会計帳簿  ⑶ 貸借対照表
3 財産の評価
  ⑴ 財産評価の基準  ⑵ 資産の評価  ⑶ 負債の評価
  ⑷ のれんの計上
4 商業帳簿の保存・提出義務
  ⑴ 商業帳簿の保存義務  ⑵ 商業帳簿の提出義務

第6章 企業の補助者
1 企業の補助者
  ⑴ 総説  ⑵ 使用人の意義  ⑶ 会社の業務執行機関
2 支配人
  ⑴ 支配人の意義  ⑵ 支配人の選任・終任
3 支配人の代理権(支配権)
  ⑴ 支配権の範囲  ⑵ 代理権の制限
4 支配人の義務
  ⑴ 雇用契約等による一般的義務  ⑵ 営業避止義務
  ⑶ 競業避止義務  ⑷ 義務違反の効果
5 表見支配人
  ⑴ 表見支配人の意義  ⑵ 表見支配人の権限
  ⑶ 営業所の意義
  ⑷ 営業・事業の主任者であることを示す名称
  ⑸ 相手方の善意・悪意と保護される相手方の範囲
6 その他の使用人
  ⑴ ある種類または特定の事項の委任を受けた使用人
  ⑵ 物品の販売等を目的とする店舗の使用人  ⑶ 外務員

第7章 代理商と特約店・フランチャイズ
1 総 説
2 代理商の意義と機能
  ⑴ 代理商の意義と機能  ⑵ 代理商の権利義務
  ⑶ 代理商契約の終了
3 特約店
  ⑴ 特約店の意義  ⑵ 重要な契約条項
  ⑶ 契約の終了
4 フランチャイズ
  ⑴ フランチャイズの意義
  ⑵ 特定連鎖化事業の運営の適正化のための規制
  ⑶ フランチャイズ契約の内容の効力

第8章 商業登記
1 商業登記の意義
2 商業登記事項
  ⑴ 登記事項の分類  ⑵ 登記事項の変更・消滅
3 商業登記の手続
  ⑴ 商業登記の申請・管轄  ⑵ 登記官の審査権
  ⑶ 登記の更正および抹消
4 商業登記の公示
5 商業登記の効力
  ⑴ 商業登記の一般的効力  ⑵ 商業登記の特殊的効力
  ⑶ 不実登記の効力

第9章 営業・事業の譲渡
1 組織再編と営業・事業の譲渡
2 営業・事業の譲渡の意義と機能
  ⑴ 営業・事業の譲渡の意義  ⑵ 営業・事業の譲渡の機能
3 営業譲渡契約・事業譲渡契約
  ⑴ 営業譲渡契約・事業譲渡契約の性質
  ⑵ 営業・事業の譲渡の態様  ⑶ 営業譲渡・事業譲渡の手続
4 譲渡当事者間における営業・事業の譲渡の効果
  ⑴ 営業・事業の移転義務  ⑵ 競業避止義務
5 第三者に対する営業・事業の譲渡の効果
  ⑴ 営業・事業上の債権者の保護
  ⑵ 営業・事業上の債務者の保護
  ⑶ 詐害的な営業譲渡・事業譲渡の場合における残存債権者の保護
6 会社と商人との間の事業の譲渡・譲受け
7 営業・事業の賃貸借・経営の委任
  ⑴ 営業・事業の賃貸借  ⑵ 営業・事業の経営の委任
  ⑶ 損益共通契約
8 営業・事業の担保化

著者紹介

畠田 公明(はただ こうめい)

前越 俊之(まえこし としゆき)

嘉村 雄司(かむら ゆうじ)

後藤 浩士(ごとう ひろし)