成功する開業医―院長夫人、あなたが期待されていること

鶴田 幸之
定価:3,080円(税込)

発行日:2021/09/27
四六判 / 272頁
ISBN:978-4-502-39991-6

送料について
本の紹介
医院経営のキーマンは院長夫人。「院長夫人の医院への関わり方で医院の業績は大きく変わる」20年に亘り医院経営に携わってきた著者による、院長夫人のための医院経営の本。

目次



成功する開業医
院長夫人、あなたが期待されていること
目次

はじめに  
第Ⅰ章 一般の人が持つ院長夫人に対する勝手なイメージ
私生い立ち  
税理士という職業  
考えが変わった瞬間  
外からは見えない院長夫人の苦しみ  
子供の進路についての院長夫人の本音  
私が医院専門の税理士になった理由① K先生との出会い  
私が医院専門の税理士になった理由② あの日、点滴をすすめられて 院長夫人にとって耳の痛い話  

第Ⅱ章 院長夫人が「格好いい女性」に見えた瞬間
普段は陽気でとてもおしゃべり好きな院長夫人の意外な一面  
院長夫人の役割  
オープニングスタッフが集まらない!  
オープニングスタッフの勤務態度が悪い!  
スタッフ全員が突然辞めると言い出した!  
代々続くご主人の医院を事業承継した院長夫人の奮闘  
院長先生と共に院内改革に取り組む院長夫人  
院長先生が急逝! しかも生命保険に未加入……。
医院の借金はどうなる?  
医院が大きいほど、院長夫人の居場所はなくなるのか?  

第Ⅲ章 私が感じた院長夫人特有のプレッシャー
お子様の教育①   有名難関中学の合格は、お子様以上の母親の
            頑張りのおかげ  
お子様の教育②   大人になった今でも、実は母親のことが好きに
            なれないドクター  
医学部合格を目指すお子様を見て私が思うこと  
医院スタッフとの関係  
院長夫人は医院最年少の27歳、スタッフは全員年上  
ナンバー2気取りの超ベテランの看護師との接し方がわからない
医院に勤めるスタッフの本音  
経理や業務のことがまったくわからない!!
ご主人(院長先生)との関係― 夫の仕事が大変なのはわかって
いるが、夫にどう寄り添ってよいのかわからない  

第Ⅳ章 さまざまな院長夫人の実態
ご主人が医院の仕事を奥様に手伝って欲しくないと思って
いたらどうすべきか  
40代で介護事業を起業し成功を収めた院長夫人  
厳しく接してスタッフに嫌われた院長夫人
奥様が、税理士事務所と社労士事務所の窓口  
奥様は誰よりもハードワーカー①
  幼い子供を義父母に任せてガッツリ働く  
奥様は誰よりもハードワーカー②  
  みんなが嫌がることを率先して行う  
奥様は誰よりもハードワーカー③  
  奥様が実質的な経営者で、医院経営の全てを仕切る  
院長夫人の時給  

第Ⅴ章 院長夫人ができる医院の業績アップ法
「院長の役割」と「院長夫人の役割」  
院長先生のメンター(mentor:助言者)になる  
スタッフの定着率を上げる  
採用活動に参加する~欠員補充の負のサイクルを断ち切る~  
私が出会った面接の達人  
新人はなぜ退職しやすいのか  
医院の人間関係のメンテナンス活動  
他院はどのくらい福利厚生にお金をかけているのか?  
それでも院内の雰囲気が良くならない場合の対処法  
スタッフへの見方を「性悪説」に変えてみる  
スタッフが成長した分だけしか医院は成長しない  
院内のパワーバランスについて  

第Ⅵ章 私の経験を通じてみなさまにお伝えしたいこと
どうすればお客様が増えるのかわからない  
スタッフの採用の仕方がわからない
スタッフの育て方がわからない  
出費が恐い(お金に対する感覚がつかめない)  
私と妻の強みを生かして、事務所内での役割を決める  
私の事務所のコミュニケーション向上策  
開業ステージごとの医院の状況と院長夫人の役割、私の経験から
お伝えしたいこと  

付 録
1 院長夫人からよくある質問 
2 院長夫人のお仕事の実態に関するアンケート  

おわりに  



著者プロフィール
【著者紹介】
鶴田 幸之(つるだ こうじ)
1968年生まれ。早稲田大学社会科学部卒。
福岡の大手会計事務所の医療機関専門の税務スタッフとして5年間勤務の後、2008年医院専門の税理士事務所を開業。妻が2019年の税理士試験に合格し、現在税理士二人体制となる。2021年2月にメディカルサポート税理士法人に組織変更。


著者紹介

鶴田 幸之(つるだ こうじ)