経験者が語るQ&A電子契約導入・運用実務のすべて

柴山 吉報 編著
高岸 亘 編著
桑名 直樹
水井 大
冨山 京子
定価:4,620円(税込)

発行日:2021/09/27
A5判 / 384頁
ISBN:978-4-502-39761-5

送料について
本の紹介
電子契約の導入・運用を実践してきた著者が、現場で悩んだポイントを持ち寄りQ&A形式で解説。電子契約の導入各社における工夫やノウハウを凝縮し、わかりやすく整理している。

目次

■はしがき  

序 本書の読み進め方  

第1章 はじめに
  Q1-1 電子契約の基礎
  Q1-2 電子契約導入のメリット・デメリット
  Q1-3 法務業務とDX

第2章 検討に必要な知識
  Q2-1 電子契約サービスを利用した契約締結方法
  Q2-2 電子署名の情報の確認
  Q2-3 長期署名とタイムスタンプ
  Q2-4 電子署名の種類
  Q2-5 本人の真正担保およびなりすまし防止のための対応
  Q2-6 社内外システムとのAPI 連携
  
第3章 電子契約の導入・対象拡大等のプロジェクト進行
  Q3-1 電子契約導入プロジェクトの進め方
  Q3-2 企業の特性に応じた電子契約導入のポイント
  Q3-3 電子契約サービス提供事業者選定時のポイント
  Q3-4 導入のためのヒアリング
  Q3-5  電子契約サービス提供事業者を利用する際の情報セキュリティ
  Q3-6 他の電子契約サービス提供事業者への移行

第4章 法的リスクの検討
  Q4-1 電子契約の有効性
  Q4-2 紛争防止①
  Q4-3 紛争防止②
  Q4-4 電子契約の利用以外の手段による契約締結との関係
  Q4-5 契約類型ごとのリスク評価

第5章 法令遵守およびガバナンス強化のための取組み
  Q5-1 社内規程の見直し
  Q5-2 下請法との関係
  Q5-3 電子帳簿保存法
  Q5-4 電子帳簿保存法(真実性の確保)
  Q5-5 電子帳簿保存法(検索性の確保)
  Q5-6 個人情報保護法
  Q5-7 海外取引における電子契約の利用可否
  Q5-8 主要国における電子契約に関する状況
  Q5-9 雇用契約などへの導入
  Q5-10 個人と電子契約を締結する場合の留意点

第6章 円滑な導入・利用促進のための取組み
  Q6-1 社内説明会
  Q6-2 社外説明
  Q6-3 他のサービス提供事業者の併用
  Q6-4 紙の併用
  Q6-5 社内サポート体制

第7章 電子契約の運用
  Q7-1 電子契約利用時における契約書の修正ポイント
  Q7-2 契約書の修正
  Q7-3 署名代理
  Q7-4  紙の契約書・電子化された契約書が混在した場合の保管・管理手法
  Q7-5 タブレットに直接本人が署名する場合
  Q7-6 問い合わせへの対応・291
  Q7-7  電子契約を利用可能な書面の種類に関する社内基準と説明

第8章 電子契約の対象拡大
  Q8-1 電子契約を導入すべき書面の種類
  Q8-2 受領書・返品確認書への電子契約サービスの利用
  Q8-3 契約書以外の書面への電子契約サービスの利用可否
  Q8-4 電子契約締結システムを利用するデバイスの種類

第9章 契約類型ごとにみる導入の検討
  Q9-1 個別の導入事例(秘密保持契約)
  Q9-2 個別の導入事例(売買契約)
  Q9-3 個別の導入事例(業務委託契約)

第10章 その他の問題点
  Q10-1 電子契約非導入会社の対応
  Q10-2 電子署名の仕組み(基礎編)
  Q10-3 電子署名の仕組み(応用編)
  Q10-4 法令等

著者紹介

柴山 吉報(しばやま きっぽう)

高岸 亘(たかぎし わたる)

桑名 直樹(くわな なおき)

水井 大(みずい だい)

冨山 京子(とみやま きょうこ)