CFOのためのサブスクリプション・ビジネスの実務

吉村 壮司
畑中 孝介
定価:2,640円(税込)

発行日:2021/09/29
A5判 / 200頁
ISBN:978-4-502-39231-3

送料について
本の紹介
サブスクリプション・ビジネスで長期的に将来CFを最大化するための収益管理、プライシング戦略、組織再編スキーム等についてCFOや財務担当が押さえるべき論点を中心に解説。

著者紹介

吉村 壮司(よしむら たけし)
[プロフィール]
福岡市出身。2000年横浜国立大学経営学部卒業,英国国立ウェールズ大学院(MBA)修了。
国内,外資系IT企業にて数多くのサブスクリプション・ビジネスの新規立上げに従事。
2018年に世界最大のサブスクリプション・プラットフォーマーであるZuora Japanに入社し,アカウントエグゼクティブとして国内製造業・メディア・流通業など200社を超す企業へサブスクリプション・ビジネス変革やバックオフィス業務改革の提案を行う。
現在は,New Relic株式会社にて製造業全般のDXを成功に導くべく世界最大のオブザーバビリティ・プラットフォームの日本展開に従事。また,サブスクリプション・ビジネスの新規立上げ企業向けの実務アドバイザリーなどを実施。

畑中 孝介(はたなか たかゆき)
[プロフィール]
北海道長万部町出身。1996年横浜国立大学経営学部卒業。同年武藤会計事務所(現税理士法人無十)入所。2015年ビジネス・ブレイン税理士事務所設立,所長。㈱ビジネス・ブレイン・㈱BBHD代表取締役。
中小中堅企業のコンサルティング業務として事業承継や組織再編,グループ財務コンサルティング,ベンチャー支援から大手・上場企業の連結納税コンサルティング業務や組織再編アドバイザー業務を行っている。事業承継,M&A,グループ財務戦略・組織再編・戦略的税務等のセミナー講師や新聞雑誌等への執筆多数。
著書に『税務に強い会社は成長する!』(共著,大蔵財務協会),『企業グループの税務戦略』(TKC出版),『消費税「95%ルール改正」の実務対応』『令和3年度税制改正のポイント』(いずれも共著,TKC 出版)など著書多数。

担当編集者コメント
第1部 サブスクリプションのビジネスモデル
 第1章 サブスクリプション・エコノミーの拡がり
 第2章 サブスクリプション・ビジネス計画のチェックポイント~財務部門こそ,すべてを顧客から始めよ~
 第3章 サブスクリプション・ビジネスの管理会計

第2部 サブスクリプション・ビジネスの会計・税務・組織再編
 第4章 サブスクリプション・ビジネスの収益認識に関する会計・税務
 第5章 サブスクリプション・ビジネスのタックスプランニング
 第6章 サブスクリプション・ビジネスで検討したい持株会社化

終 章 DX時代のサブスクリプションCFOに求められる役割
著者から
「長期にわたる将来キャッシュフローの最大化」というサブスクリプション・ビジネスの本源的な価値への理解が不足する日本企業では,PLに過度に縛られ,短期的な収益を重視するあまり,サブスクリプション・バレーともいうべき既存ビジネスとサブスクリプション・ビジネスの間の深い谷に落ち,這い上がれないケースが多い。

本書ではその深い谷を一気に超えるための大胆な行動・事業投資を支えるための実務知識,すなわちサブスクリプション・ビジネスの基本となるプライシングモデルやオペレーション手法,ビジネスを評価するための新たな経営指標(KPI)などの管理会計や投資家への開示例,収益認識を中心とした会計処理上の問題,サブスクリプション事業を最大限に生かすタックスストラテジーや組織形態等について解説している。

CFOをはじめとする財務経理部門等が,このサブスクリプション・ビジネスの考え方や収益管理方法を正しく理解し,ビジネス部門や経営陣に対して的確な洞察を与えることができれば,日本でも多くの変革の成功事例が生まれるはずだ。