航空・空港政策の展望―アフターコロナを見据えて

一般財団法人関西空港調査会 監修
加藤 一誠 編著
西藤 真一 編著
幕 亮二 編著
朝日 亮太 編著
定価:3,520円(税込)

発行日:2021/06/03
A5判 / 268頁
ISBN:978-4-502-38771-5

送料について
本の紹介
災害や環境問題、そしてコロナ禍など多様な課題を抱えている航空・空港業界。その政策の背景、仕組み、問題点などを最新の事例を用いて解説し、今後の方向性を考察する。

目次



航空・空港政策の展望
-アフターコロナを見据えて
目次

はじめに
 序章 わが国の航空・空港政策の枠組み

第Ⅰ部 空港需要の増大と対応
 第1章  空の国際化とオープンスカイのさらなる進展
 第2章  羽田空港のこれまでと今後
 第3章  成田空港のこれまでの歩みと将来
 第4章  訪日旅客者数に影響を与える要因と訪日誘客政策の評価
 第5章  空港施設計画の変遷
       -地方空港を中心に
 第6章  LCCのビジネスモデルとわが国における展開
 第7章  アジアの外国航空会社からみた関西空港
 第8章  新滑走路建設の増便効果

第Ⅱ部 受け皿としての空港活用
 第9章  関西における航空・空港問題の基本認識
 第10章 今後,関西の空港をどう使うか
 第11章 複数航空の活かし方
 第12章 空港営業のプロが集う空港
      -北九州空港
 第13章 県庁職員100人の営業力
      -佐賀空港

第Ⅲ部 空港・地域の持続可能な経営
 第14章 国管理空港の民営化と地方自治体
 第15章 地方空港の経営改革
 第16章 空港民営化で先行する欧州からの示唆
 第17章 インバウンド旅行者を増やせば地域は栄えるのか

第Ⅳ部 効率の基盤となる問題
 第18章 空を支える航空管制
 第19章 航空機の環境対策
      -ヨーロッパの持続可能な航空運送に向けて
 第20章 自然災害と空港の備え
 第21章 人口減少地域における航空の将来
      -地域航空

第Ⅴ部 今後の航空・空港の論点
 第22章 鉄道も気づき始めたインバウンドの大きさ
 第23章 飛び恥
      -航空から鉄道への転換
 第24章 空港コンセッションはアクセス交通にも波及する
 第25章 自家用車とバスに依存する地方空港
 第26章 空港財源と今後の負担問題
 終章  “そら”と“うみ”の将来(対談)
索引



著者プロフィール
〈監修者〉
一般財団法人 関西空港調査会


著者紹介

一般財団法人関西空港調査会(いっぱんざいだんほうじんかんさいくうこうちょうさかい)

加藤 一誠(かとう かずせい)

西藤 真一(さいとう しんいち)

幕 亮二(まく りょうじ)

朝日 亮太(あさひ りょうた)