初歩からきちんと英文契約書〈第2版〉

仲谷 栄一郎
定価:2,970円(税込)

発行日:2020/09/25
A5判 / 236頁
ISBN:978-4-502-36211-8

送料について
本の紹介
初級者が英文契約書実務の第一歩を踏み出すための基礎的な事項を、英文表現上の実例で示しながら解説。詳細な議論は避けて達意の文章で随所に国際契約の心構えも説いている。

目次



初歩からきちんと英文契約書(第2版)

目次

はじめに 

第1章英文契約書にアプローチしよう
 1 どのように考えるか
 2 何を知ればよいか
  1 契約書とは何か 
  2 なぜ契約書を作るのか 
  3 英米法を知らなければならないか 
   ⑴ agreement/contract(合意/契約)
   ⑵ offer/acceptance(申込み/承諾)
   ⑶ consideration(約因)
   ⑷ common law/equity(普通法/衡平法)
 3 どのように読むか
  1 英文として/契約書として読む 
   ⑴「英文」として読む
   ⑵「契約書」として読む
   ⑶ これだけは,の「ひとこと」
  2 「はっきりさせる」という視点で読む 
   ⑴ 単語の意味は分かるか
   ⑵ 代名詞が何を指すか
   ⑶ 関係代名詞が何にかかるか
   ⑷ 受動態の主体は何か
   ⑸ “and”/“or”
   ⑹ 用語が一貫しているか
   ⑺ 矛盾はないか
   ⑻ 無駄はないか
   ⑼ 書き落としはないか
   ⑽ 実行できるか
 4 どのように書くか
  1 「読む」に耐えるように書く 
  2 契約書らしくなく/契約書らしく書く 
   ⑴ 契約書らしく書こうとしない
   ⑵ 契約書らしく書く

第2章英文契約書を読んでみよう~売買契約書~
 1 「形」を知ろう
 2 条文ごとに読んでみよう
  ❶ 題 名 
  ❷ 頭 書 
  ❸ 前 文 
  ❹ 本 文 
   第1条(定義) 
   第2条(売買) 
   第3条(予測) 
   第4条(価格) 
   第5条(個別契約) 
   第6条(支払) 
   第7条(引渡し) 
   第8条(検査) 
   第9条(所有権/危険)
   第10条(保証) 
   第11条(知的財産権) 
   第12条(不可抗力) 
   第12条(秘密保持) 
   第14条(期間) 
   第15条(解除) 
   第16条(通知) 
   第17条(放棄の否定) 
   第18条(完全合意)
   第19条(準拠法) 
   第20a条(仲裁) 
   第20b条(裁判管轄) 
   第21条(存続) 
   第22条(ハードシップ) 
   第23条(協議) 
  ❺ 後 文 
  ❻ サイン 

第3章練習問題を解いてみよう
 1 英文を解読しよう
  1 何が要求されるか 
  2 本節をどう読むか 
    例文1  
    例文2  
    例文3  
  2 問題を見抜こう
   1 何が要求されるか 
   2 本節をどう読むか 
   3 練習問題について 
    問題1  
   ⑴ 言葉/条文の意味が分からない/おかしい
    問題2  
    問題3  
    問題4  
   ⑵ ある言葉がどこにかかるか分からない
    問題5  
    問題6  
    問題7  
    問題8  
    問題9  
    問題10  
   ⑶ 想定外の事態があり得る
    問題11  
    問題12  
    問題13  
   ⑷ 文/条文の関係が分からない/おかしい
    問題14  
    問題15  
    問題16  
  おわりに 



著者プロフィール
【著者紹介】
仲谷栄一郎(なかたに えいいちろう)
1982年東京大学法学部卒業。1984年弁護士登録。アンダーソン・毛利・友常法律事務所パートナー。一般企業法務を広く取り扱うほか,国際契約,国際税務を専門とする。
著書として,『交渉の英語』(全3巻・日興企画,1999年),『契約の英語』(全2巻・日興企画,2001年),『租税条約と国内税法の交錯(第2版)』(商事法務,2011年,日本公認会計士協会学術賞受賞),『ビジネス契約書作成ガイド』(清文社,2017年),『国際取引と海外進出の税務』(税務研究会,2019年)等がある。


著者紹介

仲谷 栄一郎(なかたに えいいちろう)