IFRS「公正価値測定」プラクティス・ガイド

PwCあらた有限責任監査法人
定価:3,520円(税込)

発行日:2020/12/04
A5判 / 244頁
ISBN:978-4-502-36121-0

送料について
本の紹介
IFRS第13号「公正価値測定」の基本的な概念から開示上の留意事項までを、豊富なケーススタディとともに徹底解説。わが国の時価算定基準や米国基準との差異も明示。

目次



IFRS「公正価値測定」プラクティス・ガイド
目次

第Ⅰ部 IFRS第13号の基礎事項
 第1章 IFRS13号の基本的な概念
 第2章 IFRS13号公表の背景
 第3章 IFRS13号の適用範囲

第Ⅱ部 公正価値の測定
 第1章 公正価値測定のプロセス
 第2章 測定対象となる資産または負債の決定(ステップ1)
  1 資産または負債の特性
  2 会計処理単位
  3 市場リスクまたは相手先の信用リスクの相殺ポジション
 第3章 評価の前提の決定(ステップ2)
  1 取引
  2 市場参加者
  3 出口価格と入口価格
  4 取引コスト
  5 非金融資産に固有の考慮事項(最有効使用)
  6 負債および資本に固有の考慮事項
 第4章 市場の決定(ステップ3)
  1 全般
  2 主要な市場
  3 最も有利な市場
  4 市場へのアクセス
 第5章 公正価値測定のための評価技法の決定(ステップ4)
  1 評価技法の選択
  2 ビッド価格およびアスク価格に基づくインプット
 第6章 公正価値の算定(ステップ5)
  1 当初認識時における公正価値
  2 プレミアムおよびディスカウントに関する調整
  3 公正価値ヒエラルキー
  4 第三者が提供する相場価格
  5 資産又は負債に係る活動の量または水準が著しく低下した
    場合の公正価値測定
 第7章 米国会計基準との比較
  1 IFRSと米国会計基準との差異の概要
  2 公正価値測定の定めに関連して差異がある項目
 第8章 日本基準との比較
  1 IFRSと日本基準との差異の概要
  2 公正価値測定の定めにおいて差異がある項目
  3 公正価値測定の定めに関連して差異がある項目

第Ⅲ部 非金融項目に対する公正価値の測定
 第1章 全般
 第2章 関連会社,共同支配企業および子会社に対する投資
 第3章 企業結合
  1 全般
  2 対価
  3 従来保有していた持分
  4 非支配持分
 第4章 投資不動産を含む有形固定資産
  1 全般
  2 投資不動産
 第5章 無形資産
  1 全般
  2 複数期間超過収益法
  3 ロイヤルティ免除法
  4 グリーンフィールド法
  5 利益差分法
 第6章 棚卸資産
 第7章 生物資産 
 第8章 非金融資産の減損テスト
 第9章 非金融負債
 第10章 保険契約
  1 保険契約と公正価値
  2 保険契約の公正価値測定

第Ⅳ部 公正価値測定に関する開示
 第1章 公正価値測定に関する開示の目的
 第2章 公正価値測定に関する開示項目
  1 全般
  2 IFRS第13号に基づく開示項目の要約
  3 公正価値で測定される資産および負債に関する開示項目
  4 公正価値で測定されていないが,公正価値が開示されている
    資産および負債
 第3章 開示対象に関する留意事項
 第4章 米国会計基準との比較
  1 IFRSと米国会計基準との差異の概要
  2 特定の投資に対する実務上の便法に関する開示
 第5章 日本基準との比較
  1 IFRSと日本基準との差異の概要
  2 投資信託および組合等への出資に対する経過措置
 第6章 IFRS13号に準拠した開示例



著者プロフィール
〈編者〉
 PwCあらた有限責任監査法人


著者紹介

PwCあらた有限責任監査法人(ぴーだぶりゅしーあらたゆうげんせきにんかんさほうじん)