Q&A「職場のハラスメント」アウト・セーフと防止策

布施 直春
定価:2,530円(税込)

発行日:2020/08/28
A5判 / 144頁
ISBN:978-4-502-35981-1

送料について
本の紹介
令和2年6月施行のパワハラ指針の内容を整理し、具体例を用いてパワハラに該当するか否かの判断ポイントを解説。セクハラ、マタハラなど、各種ハラスメントの防止策にも言及。

目次



Q&A「職場のハラスメント」アウト・セーフと防止策
目次

はじめに―職場のハラスメントは6種類
第1章 パワハラの新ルール①~職場のパワハラとは何か~
1 職場のパワハラとはどのような言動か
 [Q 1] パワハラに該当する発言や行為
 [Q 2] パワハラの要件①:「職場」とは
 [Q 3]  パワハラの要件②:「優越的な関係を背景とした」とは
 [Q 4]  パワハラの要件③:「業務上必要かつ相当な範囲を超えた
      言動」とは
 [Q 5]  パワハラの要件④:「その事業主の雇用する労働者に
      対して行われる」とは
 [Q 6]  パワハラの要件⑤:「就業環境が害される言動」とは
2 「職場のパワハラ」判断時の注意点
 [Q 7] 適正な業務指導とパワハラとの区分基準
 [Q 8] NGワード
 [Q 9] 適正な指示指導を行うための注意点
 [Q10] カスタマーハラスメント(カスハラ)とは
 [Q11] パワハラが発生しやすい職場
 [Q12] パワハラ加害社員と会社に対する処分等
 コラム ~パワハラの歴史~

第2章 パワハラの新ルール②~職場のパワハラの6類型~
1 職場のパワハラの6類型
 [Q 1] 職場のパワハラの類型とは
 [Q 2] 第1グループ
 [Q 3] 第1グループの該当言動例
 [Q 4] 第2グループ
 [Q 5] 第2グループの該当言動例
 [Q 6] 第3グループ
 [Q 7] 第3グループの該当言動例
 [Q 8] 第4グループ
 [Q 9] 第4グループの該当言動例
 [Q10] 第5グループ
 [Q11] 第5グループの該当言動例
 [Q12] 第6グループ
 [Q13] 第6グループの該当言動例
 [Q14] ソーシャルメディアハラスメント
2 理解度チェック
  ―あなたは何問できますか?

第3章 パワハラ防止法の内容と今後の対策強化の見通し
 [Q 1] パワハラ防止法とは
 [Q 2] パワハラ防止法の要点
 [Q 3] 企業のパワハラ対策の義務化
 [Q 4] パワハラの定義と類型
 [Q 5] セクハラマタハラについての法改正
 [Q 6] 大企業と中小企業との取扱いの違い
 [Q 7] 法律違反企業に対する処分
 [Q 8] 法律制定の意義
 [Q 9] 労働施策の方向性
 [Q10] 法改正の本当の意味
 [Q11] 法改正後の社会動向

第4章 パワハラ問題の現状とパワハラ防止法の必要性
 [Q 1] 最近のパワハラ事例
 [Q 2] パワハラの発生状況
 [Q 3] 労働行政機関の取扱件数
 [Q 4] パワハラの告発状況
 [Q 5] 職場のルール等の変化
 [Q 6] パワハラの悪影響
 [Q 7] 企業のパワハラ対策の少なさ
 [Q 8] パワハラ問題への上司の反応

第5章 セクハラマタハラパタハラケアハラの新ルール
1  セクハラマタハラパタハラケアハラに関する法規制の強化
 [Q 1] 新しいルール
2 セクハラの具体例と判断時の注意点
 [Q 2] セクハラの定義
 [Q 3] 対価型と環境型
 [Q 4] レッドカードとイエローカード
 [Q 5] セクハラの具体例
 [Q 6] セクハラ判断時の注意点
 [Q 7] セクハラ加害社員と会社に対する処分等
3 セクハラマタハラパタハラなどの現状
 [Q 8] セクハラマタハラパタハラの現状
 [Q 9] LGBTハラスメント

第6章 「ハラスメントゼロ」の職場づくり
―関係法令指針で定められている予防相談解決の方法とは―
1 ハラスメント全般の予防対策
 [Q 1] 経営トップの宣言
 [Q 2] 企業の実施すべき対策とは
 [Q 3] アンケートの実施
 [Q 4] ハラスメントを発見するために
2 トラブル発生時の相談解決のしかた
 [Q 5] トラブル発生時の対応
 [Q 6] 相談対応
 [Q 7] 根本原因の撲滅
 [Q 8] 改善指示
3 個別労働紛争解決制度の活用ほか
 [Q 9] 社内で解決できない場合に利用


著者プロフィール
〈著 者〉
布 施 直 春

著者紹介

布施 直春(ふせ なおはる)