企業法務のための金融商品取引法〈第2版〉

  • 書籍品切れ中

宮下 央
定価:3,300円(税込)

発行日:2019/09/06
A5判 / 268頁
ISBN:978-4-502-31561-9

ただいま品切れ中です

入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

  • ただいま品切れ中です

    入荷をお待ちの方は、
    お気に入りリストへご登録ください

本の紹介
事業会社に必要な内容だけをわかりやすくシンプルに解説した好評書の最新版。フェア・ディスクロージャー・ルールの導入などを反映。豊富なコラムなどで実務のツボがわかる!

目次



企業法務のための金融商品取引法(第2版)
目次

第1 章 金融商品取引法の全体像
 1 金融商品取引法の目的
 2 金融商品取引法全体の構造
 3 法律・政令・府令の三段構造
 4 定 義

第2 章 発行開示規制
 1 発行開示規制とは
 2 有価証券の募集
  ⑴ 募集と売出し  
  ⑵ 募集の定義  
  ⑶ 有価証券届出書の提出義務の例外  
 3 有価証券の売出し
  ⑴ 募集との違い  
  ⑵ 売出しの定義  
  ⑶ 売出しにおける有価証券届出書の提出義務の例外  
 4 組織再編における開示
  ⑴ 概 要  
  ⑵ 特定組織再編成発行(交付)手続の定義  
  ⑶ 組織再編における有価証券届出書の提出義務の例外  
  ⑷ まとめ  
 5 有価証券届出書の提出義務発生の効果
  ⑴ 概 要  
  ⑵ 有価証券届出書の作成・提出自体の事務負担・費用
    (事実上の効果)  
  ⑶ 提出義務発生の法的効果  
 6 有価証券届出書の様式・内容
  ⑴ 有価証券届出書の内容  
  ⑵ 組込方式・参照方式  
  ⑶ その他の様式  
 7 目論見書制度
  ⑴ 目論見書の意義  
  ⑵ 作成・交付義務  
  ⑶ 交付義務の例外  
  ⑷ 記載内容  
 8 発行登録制度
  ⑴ 概 要  
  ⑵ 要 件  

第3 章 継続開示規制
 1 継続開示規制とは
 2 継続開示義務が発生する場合
 3 継続開示義務の内容
  ⑴ 概 要  
  ⑵ 継続開示書類の具体的内容  
  ⑶ まとめ  
 4 継続開示義務発生の派生的効果
 5 継続開示義務がなくなる場合
  ⑴ 概 要  
  ⑵ 消滅と中断  

第4 章 公開買付規制
 1 全体像─通常の公開買付けと自己株公開買付け
 2 通常の公開買付け
  ⑴ 公開買付規制とは  
  ⑵ 規制の要件─どのような場合に公開買付けを行わなければ
    ならないのか  
  ⑶ 規制の効果─公開買付けを行う場合に何をする必要が
    あるのか  
 3 自己株公開買付け
  ⑴ 概 要  
  ⑵ 自己株公開買付けを行わなければならない場合  
  ⑶ 通常の公開買付けと自己株公開買付けの違い
  
第5 章 大量保有報告規制
 1 大量保有報告規制とは
 2 規制の要件─どのような場合に大量保有報告規制が生じるか
  ⑴ 概 要  
  ⑵ 大量保有報告書を提出しなければならない場合  
  ⑶ 変更報告書を提出しなければならない場合  
 3 規制の効果
  ⑴ 提出のタイミング  
  ⑵ 記載内容  

第6 章 フェア・ディスクロジャ・ルル
 1 概 要
 2 義務の対象者
 3 ルルの発動要件
  ⑴ 誰 が  
  ⑵ 業務に関して─どのように  
  ⑶ 情報伝達の相手方─誰に対して  
  ⑷ 重要情報─何を  
 4 公表─何をしなければならないか
  ⑴ 公表の方法  
  ⑵ 公表のタイミング  

第7 章 インサイダ取引規制
 1 インサイダ取引規制とは
 2 会社の重要事実に関するインサイダ取引規制
  ⑴ 概 要  
  ⑵ 会社関係者─インサイダ取引の主体は誰か  
  ⑶ 重要事実─何が「インサイダ情報」なのか①  
  ⑷ 公表─何が「インサイダ情報」なのか②  
  ⑸ 株式の売買等─何をしてはいけないのか①  
  ⑹ 適用除外─何をしてはいけないのか②  
 3 TOB等に関するインサイダ取引規制
  ⑴ 概 要  
  ⑵ 公開買付者等関係者─インサイダ取引の主体は誰か  
  ⑶ 公開買付け等事実─何が「インサイダ情報」なのか①  
  ⑷ 公表─何が「インサイダ情報」なのか②  
  ⑸ 株式の売買等─何をしてはいけないのか①  
  ⑹ 適用除外─何をしてはいけないのか②  
 4 情報伝達・取引推奨に対する規制

第8 章 課徴金
 1 課徴金とは
 2 課徴金の対象となる行為
  ⑴ 概 要  
  ⑵ 課徴金の額  
  ⑶ 金融庁の裁量  
  ⑷ 課徴金減免制度(リニエンシ)  
 3 課徴金が課されるまでの手続
  ⑴ 概 要  
  ⑵ 調 査  
  ⑶ 審判手続  
  ⑷ 課徴金納付命令  

第9 章 民事責任
 1 はじめに
  ⑴ 民事責任とは  
  ⑵ 不法行為による損害賠償請求  
 2 民事責任の内容
  ⑴ 概 要  
  ⑵ 対象となる行為  
  ⑶ 責任の主体  
  ⑷ 効 果  
  ⑸ 時効・除斥期間  
  ⑹ まとめ   



著者プロフィール
宮下 央

著者紹介

宮下 央(みやした おお)