新装版アンゾフ戦略経営論〈新訳〉

H.イゴール・アンゾフ
中村 元一 監訳
定価:4,180円(税込)

発行日:2015/09/24
A5判 / 376頁
ISBN:978-4-502-16841-3

送料について
本の紹介
世界中から「戦略経営の父」と称賛されるアンゾフの名著。原著は1979年に刊行し、2007年に欧米日で同時復刻。古典とはいえ、今も新しい風を感じることのできる必読の経営書。

目次


〈新装版〉
アンゾフ 戦略経営論〔新訳〕

目次

 ■STRATEGIC MANAGEMENT[Classic Edition]
 新装版発刊にあたって—正に時宜を得た企画を歓ぶ—

 まえがき(中村元一教授2006年)

 特別寄稿:イゴール・アンゾフと戦略経営—賢者の石からの洞察—
  (リック・アンゾフ博士2003年)
 日本語版への序文(原著者による初版への序文1979年)

第1章 序  論
 1 私どもの知識の現状
 2 本書の範囲
 3 本書の先祖

第2章 総合的な枠組み
 1 環境に貢献する組織(ESO)
 2 ESO の仕事
 3 多数の権力中枢
 4 モデルの概観

第3章 環境の歴史的な展望
 1 産業革命
 2 大量生産時代
 3 大量マーケティング時代
 4 ポスト産業化時代への移行
 5 非営利組織の環境
 6 主要なトレンド

第4章 予算編成行動のモデル
 1 戦略的な強度
 2 環境への依存度
 3 臨界金額
 4 予算ミックス

第5章 環境の乱気流のモデル
 1 予測可能性
 2 変化の新奇性
 3 乱気流の段階的な拡大
 4 組織的な知能の発展
 5 乱気流のものさし
 6 戦略的な推進力
 7 ゲームのルールの効果

第6章 戦略的な能力
 1 行動の開放性
 2 マネジャー・グループの能力
 3 全社統括マネジャー・グループの適性
 4 システム・プロセスの運用力の適性
 5 戦略的な容量
 6 戦略的な能力のダイナミクス
 7 戦略的なパフォーマンスの潜在力のモデル

第7章 権力
 1 権力機構の発展
 2 権力のダイナミクスのモデル

第8章 志望目標および組織文化
 1 志望目標追求行動
 2  パフォーマンスに関する志望目標(値)の発展およびその制度化
 3 組織文化および行動に関する志望目標

第9章 戦略的なリーダーシップ
 1 戦略的なリーダーシップのパターン
 2 リーダーシップを合法化する
 3 意思決定のリーダーシップ
 4 活動のリーダーシップ
 5 戦略的なマネジャーの行動
 6 環境に関する知覚
 7 期待値に関するコミュニケーション

第10章 戦略的な選択のモデル
 1 活動の潜在力および影響力の潜在力
 2 パフォーマンスに関する期待値のモデル
 3 パフォーマンスに関する欲求のモデル
 4 戦略的な推進力の選択

第11章 移行行動
 1 環境変化に対する遅れた対応
 2 環境変化に対する先導型の対応
 3 戦略的な不測の現象
 4 社会的な慣性
 5 戦略的に緩慢な移行

第12章 移行行動のモデル
 1 移行の様式
 2 移行の引き金
 3 移行のパターン
 4 移行行動の要約モデル

第13章 基本的な公理
 1 複雑性の認識論
 2 重要な公理

 ■訳者註

 ■付章A1定義集
    A2仮説集

 ■付章B 特別収録:戦略経営に対するイゴール・アンゾフ博士の
        永続的な貢献(D.E. ハッセイ教授1999年)

 ■参考文献

 ■監訳者および訳者あとがき



著者プロフィール <著者紹介>
 H.イゴール・アンゾフ

<監訳者紹介>
中村 元一(なかむら げんいち)
1933年東京都生まれ。
現在,松蔭大学大学院・経営管理研究科長兼教
授,戦略経営協会会長。56年一橋大学商学部卒業。
約19年の企業経験を経て,複数の私立大学の大学院教授を歴任。
帝京科学大学名誉教授。96年にジョージア州日米協会から,“the Outstanding Japanese for 1995−96”
として指名を受け,“Mike Mansfield Award”を授賞。99年度および
2001年度に,「アンゾフ・アウォード」最優秀文献賞を共同授賞。

【著・訳書/論文】
著訳書:計126冊(うち,アンゾフ博士の訳書6冊),日本語・英語論
文:計221篇。




















著者紹介

H.イゴール・アンゾフ(あんぞふ いごーる えいち)

中村 元一(なかむら げんいち)