銀行の不良債権処理と会計・監査

  • 書籍品切れ中

児嶋 隆
定価:5,280円(税込)

発行日:2015/06/30
A5判 / 360頁
ISBN:978-4-502-15031-9

ただいま品切れ中です

入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

  • ただいま品切れ中です

    入荷をお待ちの方は、
    お気に入りリストへご登録ください

本の紹介
1998年、銀行に資産査定と会計士監査が導入されて以降、銀行の不良債権処理に対する会計・監査の実態と問題点(とくに貸倒償却・引当額)を、資料を示しながら検証する。

目次


銀行の不良債権処理と会計・監査
目次

 まえがき

 序 章 本書の課題と概要

第Ⅰ部 わが国の銀行の不良債権処理の会計・監査
 第1章 銀行監査導入時の銀行会計
  1 はじめに
  2 銀行経理
  3 統一経理基準
  4 資産査定と不良債権償却証明制度
  5 不良債権償却証明の種類別内容と証明 ……ほか

 第2章 銀行監査の導入
  1 はじめに
  2 銀行監査導入における課題
  3 日本公認会計士協会の対応
  4 大蔵省検査,日銀考査と監査
  5 貸倒償却・貸倒引当金の監査 ……ほか

 第3章 資産の自己査定制度導入までの会計基準の変遷
  1 はじめに
  2 貸倒引当金の法定繰入率の変化
  3 1980年の法人税基本通達の改正
  4 銀行法の改正と1年決算への移行
  5 統一経理基準から決算経理基準へ ……ほか

 第4章 バブル崩壊後の不良債権処理の会計・監査
  1 はじめに
  2 金融行政の変遷
  3 住専問題
  4 金融検査
  5 不良債権の開示 ……ほか

 第5章 資産の自己査定制度の導入
  1 はじめに
  2 銀行法の改正
  3 「早期是正措置に関する検討会」の「中間取りまとめ」
  4 大蔵省「資産査定通達」
  5 日本公認会計士協会「4号実務指針」 ……ほか

 第6章 資産の自己査定制度導入時における会計基準の問題点
  1 はじめに
  2 監査上の判断の基準
  3 償却・引当すべき金額の計算可能性
  4 資産査定通達
  5 金融機関の支援先について ……ほか

 第7章 日本長期信用銀行事件と日本債券信用銀行事件の考察
  1 はじめに
  2 長銀・民事高裁判決(2006年11月29日)
  3 長銀・刑事最高裁判決(2008年7月18日)
  4 日債銀・刑事最高裁判決(2009年12月7日)
  5 日債銀・刑事事件東京高裁差戻し審判決(2011年8月30日) 
   ……ほか

 第8章 資産の自己査定制度導入後の会計・開示制度の進展
  1 はじめに
  2 不良債権の開示制度
  3 リスク管理債権における「延滞債権」の範囲の拡大
  4 1999年3月期の会計基準および会計処理
  5 4号実務指針の改正 ……ほか

 第9章 金融再生プログラムの時代
  1 はじめに
  2 金融再生プログラム
  3 りそな銀行のケース
  4 足利銀行のケース
  5 検査と監査との乖離 ……ほか

 補 章 中小企業金融円滑化法の銀行会計・監査に与える影響
  1 はじめに
  2 『主要行等向けの総合的な監督指針』の改正
  3 引当基準
  4 貸倒引当金計上における「十分性」
  5 おわりに

第Ⅱ部 米英ならびに国際機関等の見解と動向
 第10章 米国の銀行の貸倒引当金規制
  1 はじめに
  2 FRR 28
  3 FAS 114
  4 4つの銀行監督当局「監督当局共同方針書」
  5 会計検査院「議会の委員会に対する報告書」 ……ほか

 第11章 「発生損失アプローチ」から「予想損失アプローチ」へ
  1 はじめに
  2 IASBとFASBに対する要請・
  3 発生損失モデルと予想損失モデル
  4 IASB公開草案
  5 FASB公開草案 ……ほか

 第12章 実現しなかったコンバージェンス
  1 はじめに
  2 「3バケット」モデル
  3 両審議会による信用リスク・モデルの検討と暫定的決定
  4 FASBによる独自の会計基準の開発
  5 FASB公開草案 ……ほか

 第13章 英国金融危機における銀行の監査人の判断
  1 はじめに
  2 金融危機の経過
  3 下院大蔵委員会の見解
  4 監査人と政府の秘密の話合い
  5 上院経済問題委員会の調査 ……ほか

 第14章 バーゼル銀行監督委員会と銀行会計・監査
  1 はじめに
  2 実効的な銀行監督のためのコアとなる諸原則
  3 貸出金の減損
  4 IASBおよびFASBの金融商品の減損会計基準公開草案等に
    対するコメント
  5 監  査 ……ほか

 終 章 まとめと展望
  1 各章の要約
  2 まとめと展望

 ■初出一覧

 ■参考文献

 ■索  引




著者プロフィール 児 嶋  隆(こじま たかし)
1950年 愛媛県生まれ
1975年 一橋大学商学部卒業
1979年 公認会計士登録
1992年 米国公認会計士登録(モンタナ州,2000年イリノイ州)。
米国公認会計士協会会員登録。
朝日新和会計社,パリバ証券会社東京支店,チェース・マンハッタン銀行東京支店,センチュリー監査法人(名称はいずれも勤務当時),岡山大学助教授,教授を経て,
2003年 中央大学教授
2010年〜2011年 シェフィールド大学客員研究員

(著  書)
『会計士証明基準』(岡山大学経済学研究叢書,第26冊,2001年),『公認会計士監査』(共訳,白桃書房,2001年),『新版アメリカ監査基準書(SAS)の読み方』(中央経済社,2003年),『監査論の要点整理(第4版)』(共著,中央経済社,2009年)(主要論文)「ビジネス・リスク・アプローチの動向」『現代監査』No.13,2003年(2003年度日本内部監査協会・青木賞受賞)




















著者紹介

児嶋 隆(こじま たかし)