農業発展に向けた簿記の役割―農業者のモデル別分析と提言

  • 書籍品切れ中

戸田 龍介 編著
定価:5,940円(税込)

発行日:2014/01/28
A5判 / 272頁
ISBN:978-4-502-07880-4

ただいま品切れ中です

入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

  • ただいま品切れ中です

    入荷をお待ちの方は、
    お気に入りリストへご登録ください

本の紹介
わが国の農業における簿記の役割について、詳細なヒアリング調査をもとに考察。農業者を5つにモデル分けし、簿記会計的視点から具体的な提言を行っている。

目次


農業発展に向けた簿記の役割
─農業者のモデル別分析と提言─
目次

 序  文

第Ⅰ部 従来の農業簿記の問題点
 第1章 記録のインセンティブを奪う制度的問題点
  1 はじめに
  2 市場流通問題等
  3 補助金問題
  4 農協問題
  5 むすび

 第2章 複式簿記の難しさから見た理論的問題点
  1 はじめに
  2 農業と複式簿記との関係
  3 従来の農業簿記の理論的問題
     ─テーアと大槻の所説の検討を通して
  4 複式簿記の難しさ
  5 むすび

 第3章 明治初期における農業簿記教育導入時の問題点
  1 はじめに
  2 近代化のシンボルとしての西洋式簿記
  3 簿記教育ブームと簿記知識の社会化
  4 農業学校と農業簿記
  5 農業簿記書の誕生
  6 むすび

 第4章 農業高等学校における農業簿記教育の問題点
  1 はじめに
  2 高校教科書における農業簿記の記述
  3 農業高等学校における簿記教育の実態例
  4 むすび

 第5章 税務および補助金から見た実務的問題点
  1 はじめに
  2 個人農家の簿記
  3 農家の法人化等
  4 農業経営基盤強化準備金
  5 むすび・72

第Ⅱ部 日本の農業者のモデル別分析
 第6章 日本の農業者のモデル分け
  1 はじめに
  2 日本の農業者のモデル分け
  3 むすび

 第7章 小規模兼業農家(モデル1)の分析
  1 はじめに
  2 農業・地場産業における帳簿記録の構造
  3 小規模農家における簿記の処理
  4 むすび

 第8章 自立志向農家(モデル2)の分析
  1 はじめに
  2 自立志向を有する農家(モデル2)へのヒアリング調査
  3 モデル2農家における規則的・継続的記録の重要性
  4 農業における記録の重要性─トレーサビリティの視点から
  5 むすび

 第9章 農業法人(モデル3)の分析
  1 はじめに
  2 農業法人(モデル3)に対するヒアリング調査
  3 モデル3農業法人における複式簿記の重要性
  4 むすび

 第10章 農業法人における会計管理の実際─農事組合法人
        「さだしげ」における複式簿記の導入を事例として
  1 はじめに
  2 農業法人の経営状況
  3 ケーススタディ:農事組合法人「さだしげ」における会計管理
  4 法人内部における合意形成としての会計情報の利用
  5 むすび:今後の課題

 第11章 6次産業体(モデル4)の分析
  1 はじめに
  2 6次産業体の概要
  3 6次産業体(モデル4)に対するヒアリング調査
  4 6次産業体における複式簿記の役割
     ─各種ヒアリング調査および各種申請書類調査を中心に
  5 むすび

 第12章 農業関連上場企業(モデル5)の分析
        ─民有林における立木資産の会計処理の考察
  1 はじめに
  2 林業における経営改善の取組み
  3 民有林における立木資産の会計処理
  4 むすび

 第13章 IAS41号が日本の農業会計へ及ぼす影響
  1 はじめに
  2 IAS41号「農業」の概要
  3 日本における農業活動の会計処理
  4 IAS41号が日本の農業会計へ及ぼす影響
  5 むすび

第Ⅲ部 日本の農業者に対するモデル別提言
 第14章 記録および簿記の意義とその相互関係
  1 はじめに
  2 記録の意義と分類
  3 簿記的思考の有用性
  4 むすび

 第15章 モデル1およびモデル2農家に対する提言
        ─JAおきなわの新たな取組みを中心として
  1 はじめに
  2 沖縄県の農業の概況
  3 農家経営支援の概要
  4 モデル1およびモデル2農家の支援
  5 むすび

 第16章 モデル3農業法人およびモデル4事業体に対する提言
        ─農業ファンドの活用を中心として
  1 はじめに
  2 農業における資金調達問題
  3 農業に対する新たな金融手法
  4 農業発展に向けた複式簿記の現代的役割
  5 むすび

 第17章 モデル5農業関連上場企業に対する提言
        ─IAS41号適用企業の分析を中心として
  1 はじめに
  2 オーストラリア農業会計基準(AASB141)の概要
  3 オーストラリア農業会計基準(AASB141)の適用事例
  4 果実生成型生物資産の簿記処理の特徴とその効果
  5 むすび─農業関連上場企業に対する公正価値会計の意義と
    課題

 第18章 全体総括─日本の農業者に対するモデル別提言
  1 はじめに
  2 従来の農業簿記の問題点
  3 日本の農業者のモデル別分析
  4 日本の農業者に対するモデル別提言
  5 むすび

 索  引

 執筆者紹介



著者プロフィール ■編著者紹介
戸田 龍介(とだ りゅうすけ)
神奈川大学教授
担当:第1章,第2章,第6章,第8章,第9章,第11章,第16章,第18章
九州大学大学院経済学研究科博士課程修了。

主な論文

「農業発展に向けた簿記の役割─日本の農業者のモデル別分析と提言─」『會計』第184巻第5号(2013年11月),
「地域振興のための簿記の役割─農業・地場産業を対象として─」『會計』第182巻第2号(2012年8月),
「利益の信頼性と複式簿記」『日本簿記学会年報』第25号(日本簿記学会第25回全国大会統一論題報告,2010年7月),
「ドイツにおける資本市場改革の行方─使用会計基準との関連を中心として─」『国際会計研究学会年報』2003年度(2004年3月)他多数。
主な共著書
『国際会計基準を学ぶ』(税務経理協会,2011年)(共著),
『通説で学ぶ財務諸表論』(税務経理協会,2009年)(共著),
『明解 簿記・会計テキスト』(白桃書房,2007年)(共著)他多数。






















著者紹介

戸田 龍介(とだ りゅうすけ)

担当編集者コメント
わが国の農業に対して簿記がどのように貢献できるか、ヒアリング調査等をもとに考察している。
本書の特徴は、農業者を一律に捉えるのではなく、5つにモデル分けをしている点にある。

<本書における農業者のモデル分け>
モデル1 小規模兼業農家
モデル2 自立志向を有する農家
モデル3 農業法人
モデル4 6次産業体・農商工連携事業体
モデル5 農業関連上場企業

それぞれのモデルにおいて簿記をどう活用すればよいか、具体的な提言がまとめられている。