証券会社の経営破綻と資本市場法制―投資者保護基金制度を中心に

松岡 啓祐
定価:7,700円(税込)

発行日:2013/06/11
A5判 / 360頁
ISBN:978-4-502-06670-2

送料について
本の紹介
証券会社破綻時の法的対応について、投資者保護基金制度を中心として検討する研究書。金融資本市場の先進国であるアメリカの法制度から、日本法への示唆を得る。

著者紹介

松岡 啓祐(まつおか けいすけ)

担当編集者コメント
アメリカの投資者保護基金制度について詳述した書籍は現状ほとんど無く、一方で、証券会社の経営破綻時の法規制に対する関心は、日本においてもますます高まるところとなっています。
本書は、日本の投資者保護基金制度の今後を考える上で必読の内容であり、研究者はもちろん、金融実務家にも大変お勧めの一冊です。