公会計複式簿記の計算構造

  • 書籍品切れ中

宮本 幸平
定価:2,640円(税込)

発行日:2007/09/11
A5判 / 164頁
ISBN:978-4-502-03380-3

ただいま品切れ中です

入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

  • ただいま品切れ中です

    入荷をお待ちの方は、
    お気に入りリストへご登録ください

本の紹介
従来からの公会計における一取引一仕訳の計算構造を起点として、公会計に導入すべき複式簿記の計算構造とそこから誘導される財務書類体系について考察した意欲作。

目次


公会計複式簿記の計算構造
目次

 序章 公会計・複式簿記の考察
  1.考察の背景と問題意識
  2.考察の前提
   2.1 考察対象
   2.2 アメリカ公会計概念フレームワークに依拠する立論
   2.3 用語の設定
  3.本研究の構成

第?部 公会計における複式簿記の意義
 第1章 公会計の計算構造と理論的問題点
  1.はじめに
  2.地方自治法会計の計算構造と理論的問題点
   2.1 地方自治法会計の計算構造
   2.2 地方自治法会計の計算構造に内在する理論的問題点
  3.総務省会計の計算構造と理論的問題点
   3.1 総務省会計の計算構造
   3.2 総務省会計の計算構造に内在する理論的問題点
  4.おわりに―公会計・複式簿記構造の構築―

 第2章 公会計・複式簿記の意義
  1.はじめに
  2.企業会計・複式簿記の意義
   2.1 複式簿記の有機性
   2.2 複式簿記の自己検証機能
   2.3 記録の網羅性
  3.公会計・複式簿記の有効性
   3.1 公会計・複式簿記の有機性
   3.2 公会計・複式簿記の自己検証機能
   3.3 公会計・複式簿記の網羅性
  4.公会計における単式簿記維持の可能性
   4.1 会計理論面からみた単式簿記維持の可能性
   4.2 コンピュータ会計による単式簿記維持の可能性
  5.おわりに―計算構造の構築にむけて―

第?部 公会計の財務書類体系と複式簿記構造
 第3章 公会計の基本目的をみたす財務書類体系
  1.はじめに
  2.アメリカ公会計における基本目的と表示
   2.1 アメリカ公会計の基本目的
   2.2 基本目的をみたす表示
  3.公会計の基本目的をみたす財務書類体系
   3.1 期間衡平性査定の基本目的をみたす財務書類
   3.2 予算遵守査定の基本目的をみたす財務書類
   3.3 活動業績査定の基本目的をみたす財務書類
  4.公会計財務書類体系の措定
   4.1 公会計財務書類の類別
   4.2 公会計財務書類の体系化
  5.おわりに

 第4章 財務書類体系における資金収支計算書の要否
  1.はじめに
  2.わが国公会計における資金収支計算書の「表示」
   2.1 公会計資金収支計算書の「表示」
   2.2 資金収支計算書の「表示」に求める査定機能
  3.公会計財務書類体系における資金収支計算書の要否
   3.1 資金収支計算書の計算構造とその問題点
   3.2 資金収支計算書の「表示」の視座からみた要否
  4.おわりに

 第5章 複式簿記に基づく公会計の計算構造
  1.はじめに
  2.公会計・複式簿記の事例検証
   2.1 東京都複式簿記の計算構造分析
   2.2 公益法人会計の複式簿記構造
   2.3 事例検証の小括
  3.公会計・複式簿記の計算構造定立
   3.1 公会計の財務書類体系
   3.2 財務書類に誘導する複式簿記の仕訳構造
   3.3 公会計・複式簿記の計算構造
  4.おわりに

補論
 補論1 自治体行政評価システムと予算編成
  1.はじめに
  2.自治体予算制度と行政評価システム
   2.1 自治体予算制度と行政評価システムの関係
   2.2 自治体の「フィードバック」に係る考察と問題点
  3.わが国自治体におけるフィードバックの現状
   3.1 わが国自治体の行政評価システムとフィードバック
   3.2 わが国自治体におけるフィードバックの特徴
  4.フィードバックに内在する諸問題の考察
   4.1 事業体系の不一致の問題
   4.2 政策・施策からのフィードバックの困難性
  5.おわりに

 補論2 自治体業績評価におけるABC/ABM の導入
  1.はじめに
  2.自治体におけるABC/ABM 導入の会計的意義
   2.1 自治体におけるABC 導入の会計的意義
   2.2 自治体におけるABM 導入の会計的意義
  3.自治体ABC/ABM の導入事例と行政評価システム
   3.1 自治体ABC/ABM の導入事例
   3.2 自治体ABC/ABM の行政評価システムへの適用
  4.自治体ABC/ABM 導入における諸問題の検討
   4.1 導入事例にみる自治体ABC/ABM 導入の諸問題
   4.2 自治体におけるABC/ABM 導入の検討
  5.おわりに

 主要参考文献

 索引

著者プロフィール 宮本幸平(みやもとこうへい)
1963年神戸市生まれ
同志社大学経済学部卒業
神戸大学大学院経営学研究科修士課程修了
京都大学大学院経済学研究科修士課程・博士課程修了
博士(経済学)
1987年株式会社兵庫相互銀行
1988年日立西部ソフトウェア株式会社
1996年山村硝子株式会社
1998年徳島文理大学短期大学部専任講師
2001年同助教授
2003年星城大学経営学部教授

著書
『企業不正支出とコーポレートガバナンス』(中央経済社2002年)
『社会生活と会計』(名英図書出版協会2002年)
『会計学』(名英図書出版協会2002年)
『GASB/FASAB 公会計の概念フレームワーク』(藤井秀樹監訳,中央経済社
2003年)
『自治体の財務報告と行政評価』(中央経済社2004年)

























著者紹介

宮本 幸平(みやもと こうへい)