税務弘報2022年8月号

定価:2,750円(税込)

発行日:2022/07/05

送料について
本の紹介
【特集】
大手共通ポイントの運用変更に新たな調査展開も
ポイント税務重大事変

解題
ポイント制度に関する消費税課税の論点
 荒井優美子

国税庁の「処理例」と大手共通ポイントの動き
運用変更に伴う税務インパクトを探る
 田中康雄


共通ポイント付与に係る対価性
大阪高裁令和3年9月29日納税者逆転勝訴判決
 朝倉雅彦


共通ポイント利用時の加盟店における消費税の課税標準の額
国税不服審判所令和3年5月17日非公開裁決
 齋藤吉英


ポイントにまつわる税務調査の動向と対応策
自社ポジションと疎明資料の早急な整備を
 竹原昌利


ポイントの法的性質と関連法令
ポイント税務の検討の一側面として
 右崎大輔/藤田侑也/松澤 瞭


「一般的な処理例」と租税法律主義
予測可能性・理解可能性への配慮を
 鈴木 修



【T.REVIEW】
人への投資を加速させる税制の実現に向けて
 佐々木 勝(大阪大学大学院経済学研究科教授)


【緊急対談】
徹底検証
令和4年4月改訂消費税のインボイスQ&A
 熊王征秀×渡辺 章


【特別解説】
最高裁令和4年4月19日判決の問題点の検証
租税法律主義と租税正義の視点から
 増田英敏



【時事解説】
税理士だからこそできる決算後の動きがカギ
信用調査会社評点の戦略的活用術
 板倉圭吾


【実務解説】
代償分割における調整計算の一事例
小規模宅地特例が関係する令和3年12月13日裁決も踏まえて
 坂田真吾


新ガイドラインで支援の形が明確化
事業再生における顧問税理士の役割と具体策
 鴨田和恵


【連載】
租税法の難問 (第29回)
 中里 実

税制之理 (第184回)
 森信茂樹

続・実践租税正義学 (第136回)
 増田英敏

創の駆け込み相談所 (第4回)
 髙橋 創

常識としてのデジタル税務 (第8回)
 鈴木涼介

見解の相違を解消するヒント (第19回)
 北村 豊

各種法人の基礎知識と事業承継 (第8回)
 岡本高太郎/山田裕貴/柴田英典

その税制に根拠はあるのか (第19回)
 林 正義

実務に役立つ判例研究 (第169回)
 林 仲宣/谷口智紀



【Color Page】
税の成り立ち
 清水 剛
顧問先を強くするクエスチョン
 増山英和
税制未来予想図
 (T.K)
税務署のお噺
 山本髙志
税理士は社交力が命 4コマDEマナー
 茂垣志乙里


【コラム】
税の窓
税務・税制ニュース&トピックス
出たとこ旅行記

 高殿 円
発財数占い
 沙耶花
編集室から