企業会計2022年9月号

定価:2,710円(税込)

発行日:2022/08/04

送料について
本の紹介
【特集】
決算短信「一本化」へ
四半期開示の見直し

・金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ報告」と今後の課題
 ――定期開示と適時開示の関係
 神田秀樹
・政策導入目的に基づく四半期開示制度の評価
 ――「国民経済の健全な発展」に資する設計へ
 スズキトモ
・信頼性を確保する保証業務のあり方
 山浦久司
・臨時報告書の拡充とその問題点
 弥永真生
・財務諸表作成者の立場からみた四半期開示見直しの論点
 植村一之
・四半期開示の経済的帰結に関する先行研究のレビュー
 古賀裕也

【FRONT PAGE】
Scope Eye

 新しい資本主義とは何を目指すか
 武田晴人
趣味の時間――漢詩散策
 〔第16回〕
 斎藤静樹
アカデミズムに何が起きているのか? ――学術雑誌・査読論文の今昔
 査読の問題その1:時間がかかる
 佐藤 翔

【金融庁解説】
公認会計士法の一部改正の概要

 鳥屋尾大介

【時事解説】
DWG報告でも論点に 「重要な契約の開示」明確化に向けた実務上の課題

 湯原心一
賃上げ促進税制の適用要件! マルチステークホルダー方針の開示ポイント
 荒井優美子

【連載】
法が照らす会計の深淵

 第8回 単一性の原則(1)
 弥永真生
会計「諺」則
 學而不思則罔 思而不學則殆
 中野貴之
会計・監査への影響は? 1からわかる暗号資産・ブロックチェーン
 第4回・終 ブロックチェーンを利用したビジネスに関する保証業務
 安達知可良
続 不思議な会計・ファイナンス研究の世界―創造的研究のヒント
 第4回 経営者による株式保有は企業価値を高めるのか
 髙須悠介
ある法学者の思い出
 〔第3回〕
 酒巻俊雄
会計時評
 Non-GAAP利益研究の可能性
 加賀谷哲之
Salon de Critique
 オルタナティブデータによる会計・ファイナンス研究の発展
 伊藤健顕
ニューノーマル時代の読書術
 リスクの会計とリスクの会計
 久保淳司

【COLOR SECTION】
三角波

 ISSB公開草案への意見発信
OUTSIDE
 銀行決算,開示は十分か
 前田昌孝
経理・財務最前線
 今,改めて考える経理・財務職としてのキャリア
 山口広和
「考える経理」を育てる実践トレーニング
 第9回 あいまいな情報を考える
 山本浩二
貨幣を歩く
 第21回 ロシア支配下のウクライナにおけるルーブル化
 林 康史

【COLUMN】
相談室Q&A 法人税務

 1つの法律内でも異なる中小企業者の定義
 佐久間裕幸
相談室Q&A 会社法務
「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」の2022年改訂
 佐々木 奏
書評
 小谷融『琉球政府時代の証券史』
 池田唯一
 橋本尚『国際会計の軌跡』
 米山正樹
学会ルポ
 日本経済会計学会第39回年次大会
 山口貴史