企業会計2021年3月号

定価:2,710円(税込)

発行日:2021/02/04

送料について
本の紹介
【特集】
会計で顧客ともっとつながる
データマーケティングの進化

 ・セールステックで変わる管理会計――顧客動向を可視化する
  伊藤克容
 ・Who起点の経営と成長を見通す カスタマーサクセス視点のPLのあり方
  弘子ラザヴィ
 ・顧客との関係性構築をどう進めるか? 価値共創におけるネットプロモータースコアの役割
  青木章通
 ・営業部門のパートナーとして売上向上に貢献する経理とは
  池側千絵
 ・「両利きの経営」実現へ 仮説発見・検証のための新たな事業計画DDP
  新江 孝・伊藤克容

【特別企画】
21年3月期決算目前!
コロナによる減損処理への影響

 ・コロナ,見積り開示会計基準,KAMとの関係からみる論点
  吉田 剛
 ・のれんの減損と子会社株式の減損
  大津喬章
 ・固定資産の減損
  髙橋康之
 ・繰延税金資産の回収,貸倒れ,貸付金への影響
  和田夢斗
 ・予期せぬのれんの減損認識と経済的帰結
  宮宇地俊岳

【FRONT PAGE】
Scope Eye

 会計インフラのメンテナンスを担う公認会計士
 櫻井久勝
Accounting Synergy
 会計監査の視点から公益通報者保護法の改正を考える
 山口利昭

【連載】
会計「諺」則

 誠実性(Integrity)
 柴谷哲朗
法とディスクロージャー 激動の15年を振り返る
 第3回 金融商品取引法に基づくディスクロージャー(2)――開示内容の概要
 弥永真生
経理部よ,真のビジネスパートナーたれ 日本版FP&Aの夜明け
 第3回 FP&Aプロフェッショナルに必要とされるスキルセットとマインドセット
 石橋善一郎
会計時評
 イノベーションを促進するための管理会計
 窪田祐一
Salon de Critique
 会計情報のデジタル化とデジタルトランスフォーメーション
 髙須悠介
ニューノーマル時代の読書術
 書くことから始めよう
 鶯地隆継

【金融庁解説】
「監査上の主要な検討事項」の導入等に関する監査基準・中間監査基準の改訂について

 簀戸 峻・中野寛之・水島達哉・伊神智江・山崎優子

【COLOR SECTION】
三角波

 監査手続「実地棚卸の立会」のリモート実施
OUTSIDE
 デジタル化と株主総会
 前田昌孝
経理・財務最前線
 国際会計基準適用への取組み
 中本浩司(㈱プロネクサス)
会計,数理科学と出会う
 第3回 会計学と線形代数(3)
 竹内惠行・椎葉 淳
貨幣を歩く
 第3回 石貨:生きている化石
 林 康史

【COLUMN】
書評

 ・矢内一好『税務会計基礎概念史』
   柳 裕治
 ・小澤義昭『監査実施プロセスの理論と実践』
   異島須賀子
 ・企業会計基準委員会事務局・公益財団法人財務会計基準機構編『詳解 収益認識会計基準』
   辻山栄子
 ・円谷昭一『政策保有株式の実証分析』
   中野貴之
相談室Q&A
 ・法人税務 電子取引に該当する旅費精算の事例
   佐久間裕幸
 ・会社法務 同一労働同一賃金に関する最高裁の5つの判決
   横田真一朗
学会ルポ
 ・日本経済会計学会第37回年次大会
   米岡英治
 ・日本原価計算研究学会第46回全国大会
   松尾貴巳