ビジネス法務2023年5月号

定価:1,800円(税込)

発行日:2023/03/20

送料について
本の紹介
より詳しい内容を、本誌ウェブサイト(https://www.chuokeizai.co.jp/bjh/)にて紹介しています。

【特集1】
要点整理
契約書「変更・更新・終了」の実務

 世界的規模の感染症の蔓延,地政学リスクの高まりなどに伴う,サプライチェーン上の取引先等に係る契約変更の必要が生じる場面,あるいは,「ビジネスと人権」の観点から取引先の見直しを行うことに伴う契約更新の是非を検討する場面など,契約の変更や更新,そして終了について判断を迫られる場面はこれまでに比べて増えてきているのではないでしょうか。
 そこで,本特集では契約の「変更・更新・終了」の際に必要な知識を,基礎から応用まで整理して解説します。

【特集2】
「法務を変える」費用対効果の意識と実践

 法務の守備範囲は契約書業務をはじめ,法改正に則した社内ルールや体制の整備,社内研修の実施,新規事業を推進するためのルールメイキング,「ビジネスと人権」等最新トピックへの各種対応など,ますます多様化しています。
 一方で法務はバックオフィスとしての性質を有するため,かけることができる費用とその効果は慎重に検討する必要があり,何らかの形で“ムダ”も発生していると考えられます。
 本特集では,各社法務部の「費用対効果×業務効率化」の取組みを紹介し,読者の皆さまの法務機能底上げを強力にバックアップします。

【新連載】
・怒れる弁護士「アンガーマネジメント」を学ぶ。
・米国法上の不動産所有権および賃借権の基礎――日本法との比較

【特別収録】
・ビジネス実務法務検定試験Ⓡ 2級模擬試験問題