イノベーション&マーケティングの経済学

  • 書籍品切れ中

金間 大介
山内 勇
吉岡(小林) 徹
定価:2,750円(税込)

発行日:2019/04/12
A5判 / 228頁
ISBN:978-4-502-30081-3

ただいま品切れ中です

入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

  • ただいま品切れ中です

    入荷をお待ちの方は、
    お気に入りリストへご登録ください

本の紹介
イノベーションの発生から普及までのプロセスに着目して、各プロセスの詳細をマーケティング論、組織論などの知見を活用して体系的に整理し、経済学的な見解を示す。

目次



イノベーション&マーケティングの経済学
目次

序章 イノベーション・プロセス
0.1 イノベーションとはなにか
 0.1.1 本書の「イノベーション」の捉え方=「創造的な成果を起点にして,価値を生み出すこと」
 0.1.2 本書にいうイノベーションの例
0.2 なぜイノベーションから収益化までの道のりが重要か
0.3 創造的な成果からイノベーション,そして収益化までの道のり
 0.3.1 創造的な成果を製品・サービス化する
 0.3.2 製品・サービスを差別化し価値につなげる ・・・他

第Ⅰ部 イノベーションの経済学―理論的見地から
第1章 経済学とイノベーション

1.1 経済学における企業の目的
1.2 経済学における企業の行動
 1.2.1 企業行動
 1.2.2 利潤最大化
1.3 イノベーションと利潤
1.4 市場とイノベーションの関係
 1.4.1 競争市場均衡の効率性
 1.4.2 市場構造とイノベーションの関係
1.5 イノベーションのインセンティブ
 1.5.1 市場構造とイノベーション
 1.5.2 産業の発展段階とイノベーション
第2章 付加価値の経済理論
2.1 プロセス・イノベーションと生産性
 2.1.1 経済学におけるプロセス・イノベーションの描写
 2.1.2 労働生産性と全要素生産性 ・・・他
2.2 プロダクト・イノベーションと製品差別化
 2.2.1 製品差別化による独占的利潤の獲得
 2.2.2 製品とは ・・・他
第3章 イノベーションの源泉をもたらす消費者
3.1 消費者の効用と購買プロセス
3.2 ニーズ・プルとシーズ・プッシュ
3.3 消費者の役割
 3.3.1 イノベーションの主体
 3.3.2 とジャースのイノベーター理論 ・・・他

第Ⅱ部 イノベーション・マーケティング
    ―競争力強化を目指したマーケティング戦略立案のために
第4章 差別化と市場創造へのアプローチと課題

―古典的マーケティング論の再考とイノベーション論との融合
4.1 マーケティングとマーケティング・リサーチ
4.2 マーケティングとイノベーションの違い
4.3 マーケティング・コンセプト
 4.3.1 プロダクト思考・シーズ思考
 4.3.2 販売志向 ・・・他
4.4 イノベーションのジレンマ(破壊的イノベーション)
4.5 プロダクト・ライフサイクルとコモディティ化
 4.5.1 導入期の特徴
 4.5.2 成長期の特徴 ・・・他
4.6 コモディティ化とその対策の新たな展開
4.7 オープン・イノベーションとクローズド・イノベーション
第5章 付加価値の創出プロセス
5.1 経済学における付加価値とマーケティングにおける付加価値の
   違い
5.2 付加価値を高める
 5.2.1 モノトシテノ価値
 5.2.2 情報としての価値 ・・・他
5.3 多様化する価値
第6章 事業機会の発見と差別化の追求
6.1 アンゾフの4つの戦略
 6.1.1 市場浸透戦略
 6.1.2 市場拡大戦略 ・・・他
6.2 マーケティングの手順と構成要素
6.3 マーケティング・リサーチ
 6.3.1 定量調査
 6.3.2 定性調査 ・・・他
6.4 セグメンテーション
 6.4.1 人口動態的特性
 6.4.2 社会心理的特性
6.5 ターゲティング
6.6 ポジショニング
6.7 マーケティング・ミックス(4つのP)
 6.7.1 チャンネル戦略
 6.7.2 価格戦略 ・・・他

第Ⅲ部 イノベーションの収益化とマネジメント
第7章 付加価値の保護

7.1 付加価値を守る必要性
 7.1.1 模倣品・海賊版発生の可能性
 7.2.2 追随者(コピーキャット)の優位性
7.2 知的財産権制度とその主要な制度の概要
 7.2.1 知的財産権制度のエッセンス
 7.2.2 特許制度の概要 ・・・他
7.3 イノベーションの種類に応じた知的財産権による保護手段の選択
 7.3.1 技術的なイノベーション
 7.3.2 デザインのイノベーションの保護 ・・・他
7.4 知的財産権制度によるイノベーションの占有の限界
第8章 ブランディング
8.1 「ブランド」とはなにか?どう使えるのか?
 8.1.1 ブランドの定義
 8.1.2 ブランド創出のための戦略と実行 ・・・他
8.2 イノベーションとブランド
 8.2.1 イノベーションの種類に応じたブランド戦略と既存ブランドとの
     関係が生む罠
 8.2.2 新しい製品・サービスを生み出したときのブランド戦略と罠
      ・・・他
8.3 マーケティング,ブランディングの手段としてのデザイン
 8.3.1 デザインの定義とデザインが重要な理由
 8.3.2 デザインの役割 ・・・他
8.4 イノベーションとデザイン
 8.4.1 デザインによるプロダクト・イノベーション
 8.4.2 デザインによるマーケティングのイノベーション ・・・他
第9章 イノベーションの源泉の創出を促すためのマネジメント
9.1 個人の創造性
9.2 組織としての創造性とイノベーションの価値の認知
 9.2.1 イノベーションの価値が理解されない要因
 9.2.2 イノベーションの価値の理解の不足を乗り超える方法論
9.3 組織としての知識の獲得
 9.3.1 組織内の知識の共有と創出
 9.3.2 産学連携による知識の獲得 ・・・他
9.4 組織内・組織間での合意形成



著者プロフィール
金間 大介
山内 勇
吉岡(小林) 徹


著者紹介

金間 大介(かなま だいすけ)

山内 勇(やまうち いさむ)

吉岡(小林) 徹(よしおかこばやし とおる)