ビジネス・実用

戦略実行力―バックキャスティング思考で不確実性の時代を勝ち抜く

立ち読み

定価:2,592円(税込) 送料について

発行日:2019-01-16
A5判/208頁
ISBN:978-4-502-29091-6

紹介文

非連続な環境変化の中で日本企業が生き残るには「戦略実行力」が必要。バックキャスティング型の戦略策定により常に時代の先を読み、時代にあわせて変革し続けることが重要。

非連続な環境変化の中で日本企業が生き残るには「戦略実行力」が必要だ。
バックキャスティング型の戦略策定により常に時代の先を読み、時代にあわせて変革し続けることが重要だ。


「 多くの日本企業において、デジタル時代での新しいビジネスモデルの構築が進められている。
 デジタル化が進む現在、日本企業に求められるのはビジネスモデルの改革だ。
 本書で述べてきたような企業は、メガトレンドを読みながら、それに対応するために、
 自らのビジネスモデルをどのように変革していくかを常に議論している。
 ビジネスモデルには完成した姿というものはなく、常に時代の変化にあわせて、変革し続けなければならない。
 バックキャスティング型の戦略策定は、常に時代の先を読み、
 自らの事業をどのように変革するかを考え続けていくことにほかならない。  」(はじめにより)

●目次●

第1章 なぜいま戦略実行力か?
不確実性が高まる経営環境/絵に描いた餅に終わる戦略/求められる戦略実行力
第2章 中期経営計画は本当に必要か?
中期経営計画における問題/戦略実行力を高めるための方向性/
戦略実行力を高めるために必要なこと/戦略実行力を実現するための前提条件
第3章 戦略策定
ビジョンの策定とそれを具現化する戦略策定/バックキャスティングによる戦略策定/戦略を推進できる組織作り
第4章 戦略実行力を高めるために求められる機能
リスク管理とルールメイキング/コーポレート本社機能の強化/戦略コミュニケーションの向上/
戦略実行を支える権限委譲/戦略実行を支える人材育成
第5章 不確実性の時代に
求められる不確実性への対応/環境変化の把握と対応力/戦略実行状況におけるモニタリング/
不確実性が高まる時代に対応するために

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。