経営

人事のためのデータサイエンス―ゼロからの統計解析入門

立ち読み

定価:2,200円(税込) 送料について

発行日:2018-06-12
A5判/176頁
ISBN:978-4-502-26631-7

  • 入門書

紹介文

人事分野でデータの活用が求められています。データサイエンスの中でも実践しやすい「統計解析」に焦点をあて、どのような場面や目的で活用できるのかを具体的に解説します。

目次

これからの人事に必須の新しいリテラシー!

勘や経験だけに頼らない
効果的な人事施策を可能にするのが
統計解析をつかったデータ分析です。
人事の実務でどのようにデータを活用できるのか、
まずは本書でイメージをつかんでみてください。

数式は極力使わずに
・どのような手法があるのか
・どのような場面で使えるのか
・分析結果をどのように読み取ればよいのか
がわかるよう、満足度と離職意向の関係、
研修効果の確認、高業績者の行動特性、
活躍人材の予測など、具体的なテーマについて
データを使った分析をやさしく紹介していきます。

本書でのご案内のとおり、第6,7,9,10,13,14章のデータが
こちらからダウンロードできます。
加えて、第15章のデータもダウンロードが可能になりました。
どうぞご活用ください。(2018年11月5日更新)
https://www.biz-book.jp/amendments/link_file/552


<目 次>
[Part1 人事データ活用のイメージを具体化する]
第1章 人事データ活用とは
第2章 人事データ活用への関心が高まっている背景とは
第3章 人事データ活用の土台づくり
第4章 人事データ活用のPDCAサイクル

[Part2 人事データの特徴を把握する]
第5章 人事データの性質を理解する
第6章 人事データを見える化する
第7章 人事データの特徴を数で表す

[Part3 統計解析で人事データを活用する]
第8章 統計解析の基礎
第9章 高業績者の行動特性をあぶりだす 
    ―対応のない t検定
第10章 研修効果を確認する ―対応のある t検定
第11章 職種別の性格特性の差を確認する
    ―対応のない1要因の分散分析
第12章 職種別・業績別の性格特性の差を確認する   
    ―対応のない2要因の分散分析
第13章 満足度と離職意向の関係性を分析する ―相関分析
第14章 活躍人材を予測する ―回帰分析
第15章 管理職行動の構造を明らかにする ―因子分析
第16章 持続的成長モデルを検証する ―共分散構造分析

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。