財務報告の変革

  • 書籍品切れ中

広瀬 義州 編著
定価:6,380円(税込)

発行日:2011/08/05
A5判 / 408頁
ISBN:978-4-502-44140-0

ただいま品切れ中です

入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

  • ただいま品切れ中です

    入荷をお待ちの方は、
    お気に入りリストへご登録ください

本の紹介
財務報告を「会計の最終章」と位置づけ、財務報告制度のインフラ整備や、財務報告をめぐる諸問題に対する企業会計の対応について提言。最高の研究の成果をまとめた至高の一冊。

目次


財務報告の変革
目次

第1部 財務報告の変革に関する研究の意義と視点
 第1章 財務報告の変革に関する研究の意義
  第1節 本研究の問題意識
  第2節 企業価値と財務報告の変革
   1 CSR
   2 知的財産
  第3節 本研究の視点
  第4節 本研究の基礎的前提
   1 財務報告の意義
   2 財務報告の範囲
   3 基本財務諸表 ……ほか

 第2章 制度の視点からの財務報告の棚卸しと現状分析
  第1節 測定情報別視点
  第2節 機能別視点
  第3節 チャネル別視点
   1 証券取引法・金融商品取引法
   2 会 社 法
   3 証券取引所の規制
  第4節 会計単位別視点
  第5節 公開・非公開別視点
  第6節 報告対象別視点
   1 内部報告
   2 外部報告
  第7節 報告媒体別視点
  第8節 報告期間別視点
  第9節 情報の性質別視点
  第10節 セクション別視点
   1  知的財産報告および環境報告・サステナビリティ報告・
      CSR報告
   2 内部統制報告書および事業リスク情報

 第3章 史的分析の視点からの財務報告の棚卸し
  第1節 わが国の会計基準設定主体
  第2節 「企業会計原則」の誕生と財務報告
  第3節 「企業会計原則」の形成と財務報告
  第4節 ASBJ等による会計基準と財務報告
  第5節 監査基準と財務報告
  第6節 原価計算基準と財務報告

 第4章 欧米の財務報告制度からの知見
  第1節 アメリカの財務報告制度からの知見
   1 SEC
   2 AICPA
   3 FASB
  第2節 EU等の財務報告制度からの知見
   1 EU
   2 イギリス
   3 フランス ……ほか

 第5章 実証研究の視点からの財務報告の分析
  第1節 問題の提示と分析の概要
  第2節 電子開示システム導入の効果に関する実証研究
   1 EDGARで開示された会計情報の有用性
   2 XBRLによる財務報告の導入
  第3節 非財務情報の有用性に関する実証研究
   1 財務情報と非財務情報の開示
   2 実証研究の概観
  第4節 インタンジブルズ情報の有用性に関する実証研究
  第5節 人的資本に関する実証研究
  第6節 従業員情報の株価関連性とリスク関連性
   1 Rosettによる先行研究の概要
   2 実証分析のモデル
   3 実証分析のデータ ……ほか
  第7節 人的資本に関する限界生産性指標
   1 先行研究の概観
   2 分析方法
   3 サンプルと記述統計 ……ほか
  第8節 総括とインプリケーション

第2部 財務報告の変革にむけての提言
 第6章 財務報告の変革のあり方——FRからEBRへ
  第1節 現行財務報告の限界と問題点
  第2節 財務報告のボーダレス化と変革
   1 財務報告への統合―ファースト・ボーダー
   2 EBRへの統合―セカンド・ボーダー
  第3節 エンハンスト・ビジネス・リポーティングとXBRL
   1 XBRLの意義
   2 XBRLを用いた財務報告の現状
   3 XRBLを用いた情報開示の問題点
  第4節  エンハンスト・ビジネス・リポーティングと
        日本版エンハンスト・ビジネス・リポーティングのあり方
   1 ビジネス・リポーティングの意義
   2 EBRの意義と限界

 第7章 財務報告の変革のための企業価値評価モデル
  第1節 コックピット・モデル
   1 コックピット・モデルの意義
   2 コックピット・モデルのコンセプトと企業価値
   3 コックピット・モデルの因子
  第2節 企業価値評価モデルの検討
   1 企業価値評価モデルの意義
   2 ブランド価値評価モデル(経済産業省モデル)
   3 オールソン・モデル
  第3節  気候変動因子を反映したコックピット・モデル
        (Cockpit Model for Climate Change;CMCC)
   1 気候変動要因の重要性
   2 気候変動要因への限定
   3 CMCCの因子
  第4節 CMCCの株価説明力に対する実証研究
   1 実証分析のモデル
   2 仮  説
   3 データ ……ほか

第3部 財務報告の変革とEFR
 第8章 財務報告の変革と基礎概念
  第1節 財務報告の目的についてのサーベイ
   1 財務報告の目的の嚆矢
   2 財務諸表の目的から財務報告の目的への変革
   3 財務報告の目的の潮流
  第2節 財務報告とEFR
  第3節 EFRをめぐる環境状況の変化
   1 財務報告と企業会計
   2 財務報告と法規範
   3 財務報告と社会的・経済的背景 ……ほか
  第4節 FRとEFRによって提供される情報の特徴および限界

 第9章 EFRの目的
  第1節 EFRの基本目的
  第2節 情報利用者とステークホルダー
  第3節 投資意思決定に有用な情報
  第4節 企業価値評価に有用な情報

 第10章 財務報告の意思決定有用性
  第1節 財務報告情報の質的特徴
   1 財務報告情報の質的特徴の目的
   2 財務報告の目的と質的特徴
  第2節 財務報告情報の質的特徴の階層構造
  第3節 財務報告情報の種類と質的特徴
  第4節 財務報告の意思決定有用性

 第11章 財務報告のコスト・ベネフィット

 第12章 財務報告の変革における過重負担と複雑性
  第1節 過重負担問題の本質
  第2節 複雑性問題の本質

 終 章 総括と展望
  第1節 本研究の特徴と意義
  第2節 財務報告の課題と展望

  補論1 財務報告基準の視点
   1 法規範性とデュー・プロセスの視点
   2 国際化または経済的影響の視点 ……ほか
  補論2 SEC座談会
   1 はじめに
   2 SECと意見交換の趣旨 ……ほか
  補論3 AICPA座談会
   1 はじめに
   2 特別委員会の設置目的と新たな財務報告の方向性
       ……ほか

 ■付  録
  〔1-1〕 ダンジブルズとインタンジブルズの絶対額
  〔1-2〕 タンジブルズとインタンジブルズの構成比
  〔2〕 財務報告の変革の変遷 ……ほか

 ■参考文献

 ■索  引


著者プロフィール 〈編著者紹介〉
広瀬 義州(ひろせ よしくに)
早稲田大学教授・商学博士(早稲田大学)

〔主要著書等〕
『会計基準論』(中央経済社・1995 年,平成7年度日本会計研究学会・太田賞受賞)
『連結会計入門』(中央経済社・第1版1998 年・第5版2009 年・編著)
『財務会計』(中央経済社・第1版1998 年・第10 版2011 年)
『ブラッシュアップ財務会計』(中央経済社・第1版1998 年・第10 版2011 年)
『コンメンタール国際会計基準Ⅰ─Ⅴ』(税務経理協会・1999-2000 年・共編著)
『日本発ブランド価値評価モデル』(税務経理協会・2003 年・共著)
『知的財産の証券化』(日本経済新聞社・2003 年・編著)
『ビジネスアカウンティング』(東洋経済新報社・2004 年)
『特許権価値評価モデル(PatVM)ハンドブック』(東洋経済新報社・2005 年・編著)
『特許権価値評価モデル(PatVM)』(東洋経済新報社・2006 年・編著)
『知的財産会計』(税務経理協会・2006 年)
『IFRS 財産会計入門』(中央経済社・2010 年)
『英和和英 IFRS 会計用語辞典』(中央経済社・2010 年・共編著)
『IFRS 財務会計の諸概念』(中央経済社・第1版1988 年・増補版2002 年・共訳)
他著書・共著・編著・論文等多数






















著者紹介

広瀬 義州(ひろせ よしくに)
1949年生まれ
早稲田大学大学院商学研究科博士課程後期修了
早稲田大学教授
商学博士

[主な著書]
『会計基準論』(中央経済社,1995年)
『ビジネスアカウンティング』(東洋経済新報社,2004年)
『知的財産会計』(税務経理協会,2006年)
『財務報告の変革』(編著,中央経済社,2011年)
『財務会計(第11版)』(中央経済社,2012年)
『財務報告のフロンティア』(共編著,中央経済社,2012年)
『会計学スタンダード』(中央経済社,2012年)他