経済発展論

  • 書籍品切れ中

加藤 篤史
定価:3,960円(税込)

発行日:2012/09/11
A5判 / 372頁
ISBN:978-4-502-69960-3

ただいま品切れ中です

入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

  • ただいま品切れ中です

    入荷をお待ちの方は、
    お気に入りリストへご登録ください

本の紹介
経済を発展させる最も重要な要因として「企業者」による価値創造的な行為を分析の中心に置き、そのような行為を企業者に促す条件を考察しながら「経済発展」を体系的に解説。

目次


経済発展論
目次

 まえがき

 序章 人間と行為
  0-1 射 程
  0-2 概 念
  0-3 モデル分析
  0-4 分析枠組み
  0-5 想定される人間像
   0-5-1 便益とコスト
   0-5-2 合理的選択 ……ほか
  0-6 行為
   0-6-1 個人的な行為と対人的な行為
   0-6-2 価値獲得のための援護行為 ……ほか
  0-7 交渉力

第Ⅰ部 価値生産と企業者
 第1章 経済発展
  1-1 物質的な豊かさ
  1-2 価値の生産と取引
  1-3 生産性を高めるために

 第2章 企 業
  2-1 企 業
   2-1-1 分業と協働
   2-1-2 企業とは何か ……ほか
  2-2 リーダーの役割
  2-3 リーダーが利益最大化のために行なうこと

 第3章 企業者の動機と生産性
  3-1 リーダーの動機づけ
  3-2 欲求を満たすための最適な行為の歴史的考察
  3-3 競争における利益最大化と総価値の最大化
  3-4 企業者

第Ⅱ部 企業者の行為の決定要因
 第4章 企業者の行為の決定要因:直接的要因Ⅰ(人的要因)
  4-1 創造的タカと創造的ハト
   4-1-1 人的要因に関連する行為の類型
   4-1-2 代替関係にある主体の行為 ……ほか
  4-2 競合他社
   4-2-1 競合他社の影響
   4-2-2 市場競争
  4-3 資金提供者
  4-4 労働提供者
  4-5 売り手・買い手
  4-6 グループ企業
  4-7 犯罪組織
  4-8 政府
   4-8-1 博愛的な政府
   4-8-2 腐敗した政府

 第5章 企業者の行為の決定要因:直接的要因Ⅱ(環境要因)
  5-1 環境要因
  5-2 財産権
  5-3 自 由
  5-4 需 要
  5-5 人的資源
  5-6 金融資源
  5-7 技術機会
  5-8 支援産業
  5-9 インフラストラクチュア
  5-10 マクロ経済環境の安定
  5-11 まとめ

 第6章 企業者の行為の決定要因:間接的要因
  6-1 間接的要因
  6-2 政治システム
  6-3 社会の分断
  6-4 所得分配
  6-5 貿 易
  6-6 直接投資
  6-7 地理的要因
  6-8 集 積
  ■補論 諸要因の間の関係性について

 第7章 文化・慣習・規範・制度
  7-1 制度について
  7-2 本書における制度の概念
  7-3 内的メカニズムと外的メカニズム
  7-4 企業者の期待価値に与える制度の直接的な効果
   7-4-1 内的メカニズム
   7-4-2 外的メカニズム ……ほか
  7-5 企業者の期待価値に与える制度の間接的な効果
   7-5-1 人的要因に与える効果
   7-5-2 環境要因に与える効果
  7-6 経済発展のために望ましい制度
  7-7 認知的な制度観

 第8章 ミクロからマクロへ
  8-1 産業内シェアの変動
  8-2 産業間シェアの変動

第Ⅲ部 経済発展への道
 第9章 政府の失敗
  9-1 「経済発展戦略」
  9-2 「経済発展戦略」の実行のための条件
  9-3 独裁的政治システム
   9-3-1 独裁者が経済発展を望まない場合
   9-3-2 独裁者が経済発展を望む場合Ⅰ ……ほか
  9-4 民主主義的な政治システム
  9-5 政治家や官僚に対する規律づけ

 第10章 経済発展と制度変化
  10-1 制度変化
   10-1-1 内的メカニズムの変化
   10-1-2 外的メカニズムの変化 ……ほか
  10-2 政治システムの変化
   10-2-1 民主化の促進
   10-2-2 民主化の阻害
  10-3 経済発展への道

 参考文献

 索引



著者プロフィール 加藤篤史(かとう・あつし)
1989年  東京大学法学部卒業 (財)国際開発センター・プロジェクト調査部勤務
1995年 ミシガン大学アナーバー校産業工学修士
1995年 イェール大学Economic Growth Center 博士研究員
1996年 ミ シガン大学アナーバー校経済学博士( Ph.D. in Economics)大東文化大学専任講師
1999年 青山学院大学経営学部助教授
2004 ~ 2005年  Institute of Economic Growth(インド・デリー市) 客員研究員
現在 青山学院大学経営学部教授。
専門分野:経済発展論,産業組織論。

主要業績:
“Patent Pool Enhances Market Competition”( 2004) International Review of Law and Economics vol.24,
“Market Structure and the Allocation of R&D” (2005) Economics Letters vol.87, “Product Market Competition and Productivity in Indian Manufacturing Industry” (2009)Journal of Development Studies vol.45,
“Import Penetration and Price Cost Margins in Indian Manufacturing Industries” (2009) Indian Economic Journal vol.56( Bishwanath Goldar氏と共著) など。






















著者紹介

加藤 篤史(かとう あつし)