税法

移転価格対応と国際税務ガバナンス

立ち読み

定価:5,060円(税込) 送料について

発行日:2017-08-28
A5判/444頁
ISBN:978-4-502-23531-3

紹介文

BEPSの動向や文書化等の日本企業の移転価格対応を詳解。国際税務戦略を進める上で重要となる本社主導による税務管理体制の構築、グループガバナンスの効かせ方等を指南。

目次

BEPSプロジェクトが実施段階に入ったいま、
日本企業は税務リスクの重要性をどう意識し、
どのように位置づけ、実践していくべきか


BEPSの動向や文書化等の日本企業の移転価格対応を詳解。
国際税務戦略を進める上で重要となる本社主導による税務管理体制の構築、グループガバナンスの効かせ方等を指南。


【目次】

第I部 国際税務のトップマネジメントとBEPSプロジェクトの全貌
第1章 国際税務のトップマネジメント
第2章 BEPSプロジェクトの全貌
第II部 移転価格文書化実務
第3章 移転価格文書化の概要と実務対応
第4章 日本親会社によるCbCRおよびマスターファイルの作成・記載
第5章 グローバル税務管理を反映させた全世界ローカルファイルの作成・記載
第III部 移転価格課税(実体論)実務
第6章 移転価格と価値創造の一致と今後の実務
第7章 デイフェンシブな契約実務の実行
第8章 データ分析からみえてくる移転価格分析の解決実務
第9章 企業内役務提供取引に関する具体的対応策の検討
第IV部 国際税務ガバナンスの実践
第10章 日本企業の移転価格税制への対応状況
第11章 グローバル税務管理体制構築の実務的な道筋
第12章 海外子会社から見た本社の移転価格管理およびグローバル税務管理体制の実務

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。