税法

現物分配制度の実務詳解―法務・税務・会計上の取扱いと活用法

定価:4,840円(税込) 送料について

発行日:2012-12-18
A5判/420頁
ISBN:978-4-502-46450-8

  • 中級
  • 上級
ただいま品切れ中です
入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

紹介文

グループ内企業再編等を行う上で有用な現物分配制度を、関連する制度の専門家が解説。仕訳の詳細や議事録等の書式例まで、実務に直結した内容。制度横断的な事例解説が充実。

会社法上,子会社はその保有する親会社株式を処分しなければなりませんが,課税問題等がネックとなってスムーズな処分ができない状況でした。これを解決したのが適格現物分配制度で,平成22年度税制改正で導入されました。しかも,上記のような活用場面を超え,より幅広く適用される可能性がある形で,かつ,組織再編税制やグループ法人税制といった他制度と整合する形で実現しました。
本書の事例解説にもあるように,孫会社の子会社化や複雑な持株関係の解消などのグループ内再編に有用で,実際にいくつかの実例も出てきています。
現物分配を行うにあたって,制度面の解説は本書1冊で十分です。ぜひご活用ください。

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。