会計

日本クレジット市場の特徴と投資分析

定価:3,740円(税込) 送料について

発行日:2014-02-12
A5判/320頁
ISBN:978-4-502-08490-4

  • 中級
  • 上級
  • 専門家

紹介文

日本クレジット市場の特殊性が市場機能を歪め、経済の活力を阻害していると主張する一方、長年の実務経験に基づき、市場参加者に不可欠な「投資分析」の手法を解説する。

クレジット分析の第一人者が20年以上の経験を余すことなく開示する。

日本のクレジット市場の特殊性を明らかにし、投資分析に必要なテーマを完全フォロー。
第1部のテーマは日本のクレジット市場の歴史と特徴を概観した上で、事業プロフィール分析、キャッシュフローと流動性リスクの分析、クレジット・サイクルと財務レバレッジ、システミック・サポート、会計問題、M&A・経営統合・LBOに伴うイベント・リスク等が中心である。
第2部では、システミック・サポートによる救済事例として、エルピーダメモリ(1回目の経営危機)、オリンパス、および東京電力を、破綻事例として、マイカル、日本航空、ウィルコム、エルピーダメモリ(3回目の経営危機)を取り上げる。
第3部は日本の格付、市場の停滞、日本の社債、CDS、ローン市場それぞれが抱える問題、ならびに日本のクレジット市場を歪めてきた要因について論じる。

関連書

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。