日本の管理会計研究

  • 書籍品切れ中

廣本 敏郎 編著
挽 文子 編著
定価:6,600円(税込)

発行日:2015/08/21
A5判 / 372頁
ISBN:978-4-502-15421-8

ただいま品切れ中です

入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

  • ただいま品切れ中です

    入荷をお待ちの方は、
    お気に入りリストへご登録ください

本の紹介
戦前・戦間から現在に至る日本の製造企業・サービス企業の管理会計システムについて、幅広く研究。日本国内にとどまらない、世界に発信すべき管理会計研究を模索する。

著者紹介

廣本 敏郎(ひろもと としろう)
1952生まれ
一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学
元一橋大学大学院商学研究科教授
現公認会計士・監査審査会常勤委員 博士(商学)

[主な著書]
『米国管理会計論発達史』(森山書店,1993年)
『原価計算論』(中央経済社,初版1997年,第2版2008年)
『管理会計』(共著,中央経済社,初版2003年,第2版2008年)
『日本企業の管理会計システム』(共編著,中央経済社,2012年)他

[主要論文]
“Another Hidden Edge: Japanese Management Accounting,” Harvard Business Review, July-August 1988.
“Amoeba Management: Lessons From Japan’s Kyocera,” with Ralph W. Adler, MIT Sloan Management Review, Fall 2012. 他

挽 文子(ひき ふみこ)